記事の詳細

空き家対策特別措置法の目的

空き家対策特別措置法は平成27年5月に完全施行された決まりで、特に空き家を持つ人にとっては重要なものです。

どんな決まりなのかをしっかり理解しておきましょう。

そもそもなぜこのような空き家対策特別措置法が必要になったのでしょうか?

それは年々増加を続ける空き家でさまざまな問題が発生しているからなのです。

当然のことですが空き家は住んでいる人がいない状態なので、しっかりとした管理が行き届きません。

そのため家の劣化が進みやすく、家全体が傾いて隣家に悪影響を与えたり、家の中に害獣害虫が増えてやはり周囲の家に悪影響を与えたりします。

さらには空き家そのものが倒壊する危険もありますし、また火災の問題をも抱えているのです。

地域に空き家が増加すればするほど、こうしたトラブルのリスクが高まっていくことになるわけです。

空き家対策の1つとして

その対策の1つとして空き家対策特別措置法が制定されたのです。

日本の人口は徐々に減少しており、さらに高齢化社会ということで近い将来人口が一気に減ることも予想されています。

人口減少によりさらに空き家の数は今以上のペースでに増えることは間違いなく、今のうちになんらかの対策を講じておかないとさらに大きな社会問題になる可能性をはらんでいるのです。

そこで特定の空き家を自治体で調査し、必要であれば管理や解体などをできるようにする空き家対策特別措置法が必要になります。

空き家ゴミ屋敷

具体的には?

  1. 放置しておくと倒壊(傾斜、破損、変形、腐朽など)のリスクがあり、安全性が欠け、危険な状態。
    ※基礎(土台)が破損・変形、柱が傾斜、屋根が破損・脱落、擁壁の老朽化など。
  2. 放置しておくと著しく衛生上有害(悪臭、排水、ゴミの放置、不法投棄など)となる可能性がある状態。
    ※浄化槽からの汚物流出・臭気の発生、ゴミ放置、不法投棄、害虫、害獣などの発生。
  3. 管理が行われていないため、景観(景観法、景観保全に不適合)を損なっている状態。
    ※景観法に反する状態、周囲の景観と不調和(屋根・外壁のひどい汚れ・破損、多数の窓ガラスが破損、立ち木が家中を覆うような状態)
  4. 周辺の生活環境の安全性を保つことをさまたげている状態。
    ※立ち木が道路にはみ出て通行者の妨げなっている。シロアリなどの害虫が発生。

空き家管理費用一括見積もりサイト【空き家管理費用比較君】

空き家対策特別措置法で何ができるのか?

空き家対策特別措置法の施行によって具体的に何が可能になったのでしょうか?

まず、自治体は安全上、衛生上の観点から問題があると思われる空き家を調査することが可能になりました。

調査で所有者を調べ、適切な対処をするように指導・勧告し空き家を安全に保とうというのが最大の目的です。

しかしこれまでもそうでしたが、すべての空き家で所有者自身が管理をするとは限らず、そもそも所有者が誰かよくわからないケースもあります。

指導や勧告によって状況が改善されない場合は強制力を持って動くことができ、最終的には自治体が行政代執行、つまり所有者に代わってなんらかの対応をします。

その時にかかった費用はもちろん所有者に請求されます。この点は特に空き家を所有している方にとっては重要なポイントでしょう。

気付かないうちに空き家が撤去され、しかもその費用を負担しなければならない可能性があるからです。

いきなり行政代執行をされることはなく、事前に指導・勧告・命令という段階を踏みますが、いずれにせよ今までのように空き家を放置することはできなくなります。

空き家対策特別措置法の施行によって何が変わるのか、これを抑えておくことが大切です。

空き家解体

自治体の対応

  1. 「具体的には?」に該当するような空き家の所有者の事情などを把握
  2. 該当空き家への立入調査などの事前準備
  3. 空き家の所有者へ助言・指導
  4. 空き家の所有者へ勧告(固定資産税等の住宅用地特例から除外)
  5. 空き家の所有者へ命令
  6. 空き家に係る代執行(かかる費用は所有者が負担)

対応・対策

「自治体の対応」の(4)の時点で、固定資産の特例対象ではなくなりますので、早い時点での対応が必要となります。

ちなみに200平米までは、固定資産税が1/6(200平米を超える場合:1/3)に軽減、都市計画税が1/3(200平米を超える場合:2/3)に軽減されていたものが、対象外となってしまうのです。

さらに放置を続けれると強制的に対象の空き家は処分され、それにかかる費用は所有者に請求されることになります。

つまり固定資産の特例目的で放置するメリットは、まったく無いのです。

行政から空き家に関する何かしらのお知らせがあった場合は、無視せずに迅速に対応することが重要となるのです。

そして最も重要なのが、そもそも空き家を放置するのであれば、空き家を空き家ではなくしてしまえば良いのです。

そうです。空き家を売却するか、空き家を駐車場やアパートなどにして有効活用するのです。

まずは空き家を放置することで何のメリットもなく、お金が目減りしていることに気付くことが大切ではないでしょうか?

関連記事

ページ上部へ戻る