記事の詳細

空き家バンクの活用方法

空き家バンクは空き家の所有者と空き家を利用したいと考える人や組織をつなぐシステムです。

空き家バンクを有効に活用できれば、さまざまなメリットがあります。

自治体から見た活用法

まず自治体目線で空き家バンクの活用方法を考えてみましょう。

自治体にとって空き家の増加や空き家の放置などは深刻な問題としてとらえています。

周辺住民や周辺環境の安全面や衛生面に多大な悪影響を与えるリスクが高いため、早急に解決すべき事案となっているのです。

そんな中で空き家バンクはとても効果的で、空き家を減らすこと可能性をもったサービスなのです。

自治体にとってのメリット

空き家バンクに登録されている空き家は、利用者が見つかれば住宅や店舗、オフィスとして活用され、その時点で空き家ではなくなります。

所有者に代わって管理をする必要がなくなりますから、余計なお金を使わずに済みますし、たとえば他の地域からその住宅に移り住んでくれる人が見つかれば人口問題の解決にも一役買ってくれます。

店舗やオフィスとして利用される場合でも地域の振興に役立ちますし、自治体にとっては多くのメリットを見込めるのです。

自治体が運営するとはいえ登録情報を希望者に提供するだけですので負担も少なく、それでいて自治体が抱える空き家の増加と人口減少という2つの問題をまとめて改善できる画期的なシステムなのです。

所有者から見た活用方法

所有者にとっても空き家の維持は深刻な問題です。

空き家の近くに住んでいて、その維持や管理を容易に行うことができるのなら問題は少ないかもしれません。

しかし、多くの人は必ずしもそういった状況にいるとは限りません。出身地に空き家を持っており、現在は遠くで生活をしているとなれば維持や管理をするのは困難です。

さらに所有者が高齢で健康面で難しいといったことも考えられるのです。

空き家をどうにかしたいと思っていても、何もできずにいる所有者は予想以上に多いのです。

所有者にとってのメリット

空き家バンクに空き家を登録すれば自治体が仲介者となって希望者に譲ることも可能です。

空き家を譲ってしまえばもう維持や管理をする必要もなくなりますし、自分では使い途がなかった空き家を有効に利用してもらえます。 所有者にとっても一石二鳥というわけです。

親から譲り受けた住宅が空き家になってしまうことも多く、現在日本各地で空き家の対応に困っている方がいます。

そんな方が手軽に空き家の有効活用をできるのが空き家バンクで、空き家を所有している側、空き家を欲しいと考えている側、自治体それぞれにとってメリットが見込めるのです。

不動産業者と直接交渉するといってもどうすればいいのかわからない方も多いでしょう。

しかし空き家バンクを活用すれば自治体が両者の間に入って交渉を行ってくれることも可能なのです。

せっかく持っている建物を無駄にしないためにも、空き家バンクを上手に活用しない手はないのではないでしょか?

空き家管理費用一括見積もりサイト【空き家管理費用比較君】

関連記事

ページ上部へ戻る