記事の詳細

空き家に不法投棄

空き家を放置していると庭先などの敷地内に不法投棄されてしまうことがあります。

さらにその不法投棄に気付かず、放置し続けたらどうでしょうか?

最終的にはいわゆるゴミ屋敷のようにゴミがあふれかえり、悪臭の原因になることも考えられるのです。

そうなればご近所に迷惑を掛けることになりますので、深刻な近隣トラブルに発展する可能性もあるのです。

自治体・警察への相談

もし空き家に不法投棄されてしまったらまずは自治体警察に相談しましょう。

そもそも土地の所有者は不法投棄を発見した場合は速やかに通報するよう努めるように言われていますのでこれは大事なポイントです。

また不法投棄は立派な犯罪ですので警察への通報も欠かせません。警察に不法投棄されたことを伝え、捜査をしてもらうわけです。

犯人が見つかるかどうかはわからない部分もありますが、自分の土地で不法投棄されたことを警察に知ってもらうのも大切です。

ただ、どちらに相談しても基本的に不法投棄されたゴミは自分が処理しなくてはなりません。

理不尽に感じるかもしれませんが、私有地での不法投棄されたゴミ処理の責任は所有者にあるからです。

余計な出費となってしまい経済的にもダメージが出てしまいますが、犯人を見つけて責任を追及ができるまでは、自分で処理する以外に方法がないのです。

こうのような多大な被害を被ることになりますので、不法投棄されないように普段から管理をしっかりすることが重要なのです。

遠方に住んでいる場合などで日常的な見回りなどが難しいケースもあると思いますが、普段から人が出入りしていることを演出したり、防犯カメラを設置してカメラの存在をアピールすることで不法投棄は防ぐ効果があるとされています。

不法投棄を狙っている人物には、この空き家は管理が行き届いていると思わせることがポイントとなるのです。

法律相談

不法投棄をされないために

不法投棄をする人物は空き家の状態をよく見ています。

たとえば庭の植物が生え放題で明らかに放置されているとなればその空き家は狙い目です。逆に庭の手入れが行き届いており、定期的に所有者が来ていると思われる空き家は不法投棄されにくくなります。

相手も犯罪だとわかっていてやっていますからすぐに不法投棄が見つかってしまうのは嫌なのです。

不法投棄されてしまった後の対応は上記で紹介したように自治体・警察への相談くらいしかなく、ゴミの処理は原則自分でやらなくてはなりません。

不法投棄されてからでは遅いので予防策が重要になるのです。

定期的にチェックしに行くのが難しい場合でも、不法投棄をしないよう呼びかける看板などを設置しておけば一定の効果が見込めます。

とにかく管理をしているんだと伝えることがポイントなのでロープを張ったり、張り紙をするなどして不法投棄を予防しましょう。

簡単なことでも十分な効果を期待できるので何もしないのではなく、自分でできる範囲で対策を講じるようにしてください。

空き家管理費用一括見積もりサイト【空き家管理費用比較君】

関連記事

ページ上部へ戻る