記事の詳細

売れない理由

空き家を相続で取得される方もいるでしょう。このケースで多くあるのが、その空き家に自分は住まないということです。

そして住んでも住まなくても、空き家を維持管理するには固定費が掛かるのです。

例えばすぐに売るつもりもなく、かと言って将来的に使う予定もなくという方ですと、お金は出て行くばかりです。

また空き家対策特別措置法により固定資産税の優遇措置がなくなる可能性などを考えると、空き家を手放してもいいと考える人も多くいます。

しかし空き家を売ろうと思ってもなかなか売れない、こうした事態は決して珍しいことではありません。

そして売れないのにはやはり理由があるのです。

価格の問題

空き家対策として使用する予定のない空き家を売りに出すというのはとても良い方法です。

誰かが住んでくれればその時点で空き家ではなくなりますし、自分にはお金が入ってきます。

実際に使わなくなった空き家を売ろうと考える方は多いのですが、価格が高すぎて買い手が見つからないことも多い状況です。つまり売りたくても売れない形です。

売る側からすればこれくらいの価格で売りたいという希望がありますし、不動産会社に任せる場合も査定によって適切だとされる価格が設定されます。

しかし買う側がそうした価格を適正と思うかはまた別で、高いと感じられてしまえば当然売れる可能性も低くなります。

価格を下げるしかない

空き家が売れない場合は、価格設定に問題があるケースが多く、ある程度の期間様子を見て売れないと判断したら価格を下げることも検討しなければなりません。

売る意志があるのならば、事前に相場を把握し、そのうえで少しでも興味を引くような価格を設定することがポイントです。

もし価格を下げても売れない時は別の問題が生じている可能性を疑いましょう。

また不動産の需要がまったくないような地域の場合は、自治体への寄付も視野に入れるといいかもしれません。

持っていても固定資産税など固定費がかかるだけで、マイナスの負担しかないような場合は、その土地の役所に相談してみてください。

住まいサーフィンでは、新築・中古の価格情報・評価を無料で公開!

◯マンションの適正価格を知りたい!

◯モデルルームに行かなくても価格表を見たい!

◯客観的なマンション評価を知りたい!

◯中古マンションの売却相場を知りたい!

不動産価格

思い出がある、残してほしいと言われた

次に考えられるのが、そもそも売るつもりがないケースです。

「長年住んでいた思い出がつまった家なので、空き家になった状態でもいいからそのまま残しておきたい」、「空き家を元々の所有者から解体せずに残しておいてほしいと言われたなどの理由で売ること自体が難しい場合です。

こういったケースの場合、使わずに劣化が進むだけで、近所迷惑トラブルの原因にもなりかねないと考えれば売ってしまった方がいいのは間違いないのですが、そう簡単に割り切れるものでもありません。

この場合は空き家をどうやって管理するか、これが重要になってきます。

売らずに残す場合は管理が課題に

誰も管理しなければ確実に劣化していき倒壊のリスクや犯罪の温床になるリスクもあります。

なんらかの理由で売りたくないのなら自分自身でしっかりと管理することが求められます。遠方に住んでいてどうしても管理ができない場合は、業者にお願いするなどの対応も必要になるでしょう。

空き家を空き家として残しておくなら多少の手間と費用は覚悟しなければいけません。

実はこのような理由で空き家を手放せないという方は多く、これが空き家問題の背景でもあります。

「使う予定がないのなら売る」、誰もがこう考えられるわけではないためどうしても空き家が増えていってしまうのです。

関連記事

ページ上部へ戻る