記事の詳細

さまざまな理由で起こる近隣トラブル

空き家が原因で近隣とトラブルになることは少なくありません。そして近隣トラブルこそが空き家問題を深刻にさせているとも言えます。

近隣トラブルの原因は1つではなく実にさまざまです。

たとえば空き家に大量のゴミを捨てられたことによる景観の悪化、悪臭の発生もトラブルの原因としてよく見られます。

管理する人がいないためにゴミはずっと放置され、隣の家どころか数百メートル先まで臭うこともあります。そんなゴミ屋敷が自分の家の近くにあるとすれば所有者に怒りたくなるのも当然でしょう。

また空き家の管理状態が悪化すると、それは治安の悪化にもつながります。

空き家に人が寄り付いて騒いだり、中には空き家に住んでしまう人もいます。治安の悪化はその地域にとって大きな問題ですのでやはりトラブルになるケースが多いようです。

さらに空き家そのものが危険を抱えていることも見逃せません。

空き家は劣化が早いので倒壊の可能性も出てきます。

巻き込まれれば近隣の住宅にまで被害を与えますから所有者としては近隣トラブルを防ぐためにも、安全を確保するためにも適切な対応をしなければなりません。

景観の悪化悪臭・害虫の発生などは、日常生活上近隣住民を不快にさせることにつながります。

空き家の放置、管理不足は、放火・犯罪などを誘発させる要因にもなり、地域の治安を悪化させる原因につながります。

これらの行為は「空き家対策特別措置法」で定められる「特定空き家」に該当しますので、対策が必要となります。

空き家管理費用一括見積もりサイト【空き家管理費用比較君】

近所迷惑にならないように管理をする

大切なことは管理する、この1点に付きます。

極端な話、毎日空き家に行って家の中、外を管理すればそれは人が住んでいるのと同じで、もはや空き家とは呼べません。

当然ここまでするのは難しいですが、管理はそれだけ重要な意味を持つのです。

お仕事の都合や住んでいる家と空き家までの距離など、管理を疎かにしてしまう問題もあると思いますができる限り空き家を管理するよう意識しましょう。

庭先の掃除をすればずいぶんと綺麗になり、外から見た印象も随分変わります。

また作業をするときは、ご近所に声を掛けるなどコミュニケーションをできるだけとり、しっかり掃除をしていることアピールすれば近所の方もそれを見てくれているでしょうし、トラブルになることも少ないはずです。

地道な作業ですがこれを続ける以外の方法はありません。どうしても自分でできない時は業者に代行してもらう、それも難しい場合は解体すること、売却することも検討しましょう。

空き家は使わないのなら解体する、もしくは売ってしまう、なんらかの形で再利用するのが基本です。

使わずに残しておくというならそれなりの管理が求められるのです。空き家の管理責任は、他の誰でもなく所有者自身にあります。

近所の人は迷惑に感じても直接対応することができません。迷惑を感じさせる前に管理者であるあなたが対応することが肝心です。

そうすれば近隣トラブルを予防し、良好な関係を維持することができるのではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る