記事の詳細

シェアハウスで運用

空き家を有効活するビジネスモデルを考えた時、シェアハウスとしての利用が考えられます。

このシェアハウスは最近では日本でも人気を集めているため、安定した収入にも期待が持てます。

その中でも庭付きの一戸建ては非常に人気が高く、高稼働、高収益を見込むことも可能になります。

また需要の高い地域で運用すれば、通常の賃貸で運用するよりも数倍の収益を生み出す可能性を秘めているのです。

学生向けシェアハウス

シェアハウスといえばやはり学生向けの物件が多く、定番とも言えます。

学生は社会人とは違いどうしても収入が少なくなってしまいます。

住む家を探す時も家賃の問題をどうしても意識しなければいけないのですが、シェアハウスなら通常の家賃よりも安く済むため、少ない出費で広い家に住むことができるのが最大の利点です。

そういう意味でもシェアハウスはまさに学生にぴったりの形なのです。

また同じ学生ということで歳も近く、目的も共通しているので環境に馴染みやすく気軽に入居できるのもシェアハウスの魅力でしょう。

最近では社会人利用者も増加しているため、同時に募集するのもいいかもしれません。

戸建てはシェアハウスに最適

シェアハウスは複数の人が暮らすのである程度の広さが必要になりますが、空き家(一戸建て)ならその問題もクリアできるでしょうし、空き家の再利用方法としては最適です。

一般的な賃貸物件としてではなく、シェアハウスにすることで付加価値も生まれ、他の物件との差別化もできる点も見逃せません。

ただし、学生向けということでターゲットが特定の層に限られますから、この場合なら学生にどうやって物件の存在を知ってもらうか、この部分は不動産会社とも一緒にしっかり考える必要があります。

また社会人も対象にするのであれば、さらに利用者層を広げることもできます。

うまく共存できる住宅を用意することで、学生・社会人向けとして運用することも可能なのです。

対象を絞るということは、それ以外の層は取り込めないということなのでそこには注意しましょう。

オフィスとしての利用

シェアハウスというと住居としての利用がイメージされますがオフィスとして利用してもらう方法も考えられます。

ちょっとした事務所のように使ってもらったり、同じ仕事をしている人達が暮らす住居にしてもらったりといった形です

実際にとある空き家では漫画家志望の人だけを集めてシェアハウスとして活用しているものもあります。 学生向けシェアハウスの幅を広くした感じでしょうか。 空き家はその多くがある程度の広さを有しており、さまざまな使い方ができるのが1つの武器になります。

貸事務所と差別化が出来る

その武器を最大限に活かすビジネスモデルを考えた時、オフィス目的でのシェアハウスが誕生したわけです。

オフィスに使うとなると貸事務所と同じになってしまいそうですが、シェアハウスですからそこで生活もするのが基本です。これが一般的な貸事務所との大きな違いであり特徴でもあります。

仕事も生活もその物件でできてしまう、これは家賃を最小限に抑えることができるという意味で借り手にもメリットが生まれます。

【スマイスター】土地活用 一括資料請求

土地活用

関連記事

ページ上部へ戻る