記事の詳細

空き家を売却

空き家を入手する経緯として相続によるケースが多く見受けられます。

相続で取得した場合、自分用の住居がある場合がほとんどで、今後その家に住むことを考えている人は少数のようです。

空き家対策特別措置法の開始により固定資産税の優遇措置もなくなるため、空き家のまま維持・管理するメリットが少なくなりました。

こういった状況下のため、今後居住する予定が無い場合は、思い切って空き家を処分するのも良い判断かもしれません。

なぜなら空き家を維持することはさまざまな費用がかかり、思いがけないトラブルに遭遇するする可能性もあるからです。

それでは空き家を売却する2つの方法について解説していきます。

空き家を残した状態で売却する

まず一つ目。空き家を解体せず、そのままの状態で売却する方法です。

一般的には中古戸建と呼ばれ、空き家をそのまま住居として使える点が買い手側のメリットで、売り手側としては不要な空き家を解体したりする手間が省けることがメリットです。

ただし、住宅をリフォームする場合や解体する場合の費用は買い手が負担することになるため、どうしても売却額が低く設定されてしまいます。

手間がかからない分、高く売却することが難しくなってしまうわけです。

解体費用の負担が省ける

その意味では解体費用などを売却額から差し引いていると考えることもできます。

手元に入るお金は少なくなってしまうので、お金ではなくとにかく空き家を処分したい、手間と時間をかけずに空き家を売却してしまいたいという方に向いている方法でしょう。

また解体する場合は、その費用は所有者が先払いしなくてなりません。先払いしたくない人や先払い費用の捻出が困難な方にも適してします。

実際に空き家を残したまま中古戸建として売りに出している物件は数多く見られますので、特にデメリットはないと言えるでしょう。

日本最大級の土地活用資料の請求が可能です。空き地や空き家を放置することは経済的な損失も多く、近隣トラブルにも発展しかねません。

そして空き地を有効活用することは、余計なトラブルの回避だけではなく、生活に経済的なプラスをもたらすことも可能です。

上記サイトは地域密着の企業から大手上場企業までが登録されてるため、空き家の有効活用について様々な提案を受けることができます。

空き家や空き地の活用に困っている方は、お気軽にお問合せください。

空き家を解体してから売却する

二つ目。空き家を解体して更地の状態で売却する方法もあります。

この場合は空き家の解体にかかる費用は売り手が負担することになりますので、売却する段階である程度の出費が出てしまいます。

しかし買い手はからすれば、余計な費用を負担しなくていい、買ってから解体するまでの期間を省略できるといった理由で売却額そのものは高くなるのが特徴です。

多少の出費や手間がかかったとしても空き家があった土地を高く売りたい、そんな方はこちらの方法を選ぶのいいでしょう。

売却先の選択肢が広がる

更地の場合、住むことを考えている人だけでなく、土地を駐車場などで利用したいと考えている人も購入を検討してくれるのがもう1つのメリットです。

土地は家を建てるだけが使い途ではありませんから幅広い用途を提示できるわけです。

不動産会社の営業力

どちらの方法を選ぶにせよ空き家が売れるかどうかは営業マンの営業力も影響してきます。

信頼できる不動産会社からやる気のある営業マンを見つけることが大切です。

地元の不動産会社の方が周囲の状況にも詳しく、空き家の価値も正しく判断してくれるため、良い結果になると言わることもありますが、実際はどこに依頼しても変わりはありません。

仮に上記のような条件の会社が見つかっても、営業マンに営業力がなくては意味がないからです。

そのため複数の不動産会社に一括で査定依頼をして、その中からやる気を感じる営業マンを数人選び出すのです。

さらにその数人の中から、メールでのやり取り、電話の対応、実際にあった印象、そしてより良い提案をする営業マンを選び出せば良いのです。

そういう意味では一括査定が最も手っ取り早く営業マンとコンタクトを取れる手段になるでしょう。

空き家と言うと少しイメージはよくありませんが、空き家はあなたの大切な不動産資産です。

売るのであれば、なるべく高く、早く、そして気持よく処分したいものです。

関連記事

ページ上部へ戻る