記事の詳細

リノベーション費用

40坪の空き家をリノベーションするにはどのくらいの費用が必要なのか見てみましょう。

予算に関わることですからとても重要な部分です。

坪単価いくらになるのか

まずはリノベーションをする場合の坪単価です。

リノベーションの場合、どのような工事になるか、材料は何を使うかで費用が大きく変わってしまうのですが、平均的な坪単価は30万円から40万円程度になります。

40坪の場合、トータルの費用は1,200万円から1,600万円となります。

このくらいの範囲で予算を用意しておけば一般的なリノベーションは十分に可能だと判断できます。

またリノベーションの内容によってはもっと費用を低く抑えることも可能ですし、逆にもっと高くなる可能性もあります。

1,000万円以上の費用がかかったリノベーションの事例もありますので、細部にまでこだわったリノベーションをしようと思えばかなりの予算が必要になるでしょう。

業者選びは慎重に

坪単価30万円から40万円を目安としてリノベーションの中身についてもよく検討することがポイントです。

また同じリノベーションをするにしても業者が変われば費用も変わりますので業者選びも適当にはできません。

できれば何社かに見積もりを出してもらい、その中で適正な価格を提示してくれた業者を選べば費用を最小限に抑えながら理想のリノベーションができるはずです。

安ければいいわけではない

できれば少ない予算でリノベーションをしたい、これは誰もが思うことですが安ければいいというわけでもありません。

リノベーションの費用が安いということは、それだけ使われる材料の質が低いと考えられるからです。

たとえばお風呂場をリノベーションする場合、安いものなら数十万円でできますが、当然機能性は期待できません。

逆に機能性を高めようと思えばその分だけ費用がかかりますので、数百万円になることも出てきます。

予算の関係もありますから安いのはたしかに魅力的ですが、それと同時にその価格で理想のリノベーションができるのかどうかを検討しなければなりません。

つまり安いからといって、価格だけを優先して結果的に満足できないリノベーションになってしまっては意味がありません。

確かにある程度の妥協は必要ですが、自分が望む機能性を確保することは最低限クリアして、それ以上の機能については本当に必要なのか考えることも大切です。

リノベーションはどうしても大きな費用がかかってしまいますので、費用ばかりに目を遣るのではなく、機能性を優先した方が良い場合もありますので業者と相談しながらじっくり考えましょう。

将来の転用方法を考える

リノベーションをした空き家をどのように運用するかで、リノベーション費用を決めるのもいいでしょう。

仮に賃貸で運用する場合で、通常の賃貸運用なのか?シェアハウスで運用するのか?airbnbを活用するのか?で仕様を決定するもいいかもしれません。

それそれで運用益が異なりますので、収益にあわせて予算を算出し、効率よく修繕費用を回収できる予算組みが大切です。

地域の一戸建ての不動産ニーズを調査して、その地域の需要にマッチしたリノベーションを行うことが重要です。

シェアハウスの需要のない地域に、シェアハウス用の住宅を作っても入居者は見込めません

現地調査をしっかりおこない、無駄の無いリノベーションを行いましょう。

全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】

リショップナビ

関連記事

ページ上部へ戻る