空き家の現状

東京都神奈川県埼玉県千葉県の首都圏に限って空き家の状況を見た場合、空家率に関していえば

東京都43位、神奈川県42位、埼玉県44位、千葉県38位となり全国平均からみるとかなり優秀な数字といえます。

しかしこの「空家率」を個々にみると驚きの数字が・・・。

特に東京都の空家率をみると、9軒に1軒が空き家という調査結果が出ているのです。

空き家

平成25年住宅・土地統計調査

  1. 東京都:11.1%
  2. 神奈川県:11.19%
  3. 埼玉県:10.87%
  4. 千葉県:12.68%※平成25年住宅・土地統計調査より数値を抜粋

東京都の空き家の現状

さらに23区で見た場合、東京都全体で817100軒に対して23区は587320軒、割合でいうと東京都の全体の空き家の約72%を占めることになります。

この数字をみてどのように感じるでしょうか?ニュースでも取り上げられた「豊島区」に関していえば空家率:15.8%で23区で最も高い数字となり、23区で唯一の消滅可能性都市として指摘がありました。

※「消滅可能性都市」とは2040年までに20~39歳の女性の数が半分以上減少し、出生率が下がりさらに少子化となることで人口が減少し、これにより自治体経営が破綻、その自治体が消滅する可能性あることを意味しています。

このように交通・生活などの利便性よく、地価も高い東京の空き家とはどういった建物が建っているのでしょうか?

空き家として放置されているのであれば、相当老朽化がすすみ、ロケーションも最悪なものが想定できます。

東京の一戸建て・マンションのどちらをみても、最寄の駅までの距離が1キロメートル以内のものが大半以上を占めているというデータがあります。

不動産を購入したい人から見ればなんてもったいないと思うような物件が多いのかもしれません。このような流通させれば売却可能である物件を空き家としておくと経済的損失も大きいのです。

23区の空き家率が高い理由として、賃貸物件の空室率が大きく影響を与えています。23区の平均をみても15%を超えていて、東京都の平均を大幅に上まっているのです。

ちなみ賃貸以外の空き家率は6.5%のため平均を大幅に引き上げているのがお分かりいただけるでしょう。

簡単無料登録で、アナタの知りたいことがわかる!

◯中古マンションの売却相場

◯マンション価格201万戸超を開示

◯号室特定の新築マンション価格表10万戸超を無料公開

◯デベロッパーの評価・評判

◯管理会社満足度ランキング

不動産価格

空き家対策特別措置法

今まではどのような空き家でも建っていれば固定資産税に対する優遇措置をうけることができました。

しかし空き家対策特別措置法の施工により、特定空き家と認定されると固定資産税に対する優遇はなくなります。

さらには悪質な場合は、固定資産税以外にも行政による強制撤去などを受ける可能性もあるのです。

当然強制執行にかかった費用はその空き家の所有者に請求されるのです。

こうなる前に行政によっては老朽化した空き屋などを解体撤去する費用を助成しているところもありますので、まずは管轄の役所に相談してください。

空き家を放置するリスクは数多くあります。仮に空き家にリスクやトラブルがないのであれば、国はこういった対策を打出すことも無かったかもしれません。

空き家のトラブル

空き家ゴミ屋敷

では実際にどういったトラブルがあるのか下記にまとめましたので参考にしてください。

  1. 不法占拠犯罪の発生による地域の治安悪化
  2. 建物の劣化による倒壊のリスク
  3. 植栽・植え込みなどの隣地への侵食
  4. 火事・放火のリスク
  5. 想像以上に維持管理費用がかかる。

空き家を有効活用

首都圏を例にすると、空き家を放置するのであれば賃貸・airbnbシェアハウスなどに転用しても十分に収益が見込めるケースが多いでしょう。

またリフォーム・リノベーションが必要でその費用が捻出できない方は、思い切って売却するのもいい方法でしょう。




空き家対策

  • 強制撤去される前に空き家を処分。

    空き家対策特別措置法の存在 空き家を放置していると行政によって強制的に撤去されてしまう可能性があります。 自分が所有している建物をなぜ行政が撤去できるの?と疑問の思う方もいるでしょう。 そこには空き家対策特別措置法という法律が関係しているのです。 まずは空き家にはさまざま…

  • 空き家バンク活用方法

    空き家バンクの活用方法 空き家バンクは空き家の所有者と空き家を利用したいと考える人や組織をつなぐシステムです。 空き家バンクを有効に活用できれば、さまざまなメリットがあります。 自治体から見た活用法 まず自治体目線で空き家バンクの活用方法を考えてみましょう。…

  • 空き家バンクとは

    空き家バンクとは 住宅・土地統計調査(平成25年度)によれば、日本国内の空き家の件数は820万戸を数えるまで増加しました。 さらに年々空き家の件数は増加の一途をたどり、何かしらの早急な対策が必要な状況まできてしまったのです。 平成20年度の住宅・土地統計調査による空き家件数…

  • 千葉県で行われている空き家対策

    千葉県の空き家対策 千葉県の空き家件数(平成25年度)は、367,200件とされています。これは全国6位の数字になります。 また空き家率をみると12.68%(平成25年度)で、これは全国38位となります。 東京都、神奈川県、埼玉県は5年前との比較ではすべて空き家率が上昇して…

  • 埼玉県の空き家対策

    埼玉県の空き家件数(平成25年度)は35万5000件と言われています。 空き家率は10.87%(平成25年度)で5年前と比較すると10.65%(平成20年度)から0.22上昇しています。 埼玉県の空き家率は全国平均でみると平均値より低く、空き家率ランキングも全国44位となって…

  • 神奈川県で行われている空き家対策

    神奈川県の空き家対策 総務省の調査によると神奈川県の空き家の数は約49万戸ほどで、これは日本全国で東京、大阪に次いで3番目に多い数字です。 空き家率でいうと11.19%(平成25年度)で、全国平均からみると低い数字ですが、5年前と比較すると10.54%(平成20年度)から…

  • 東京都で行われている空き家対策

    東京都の空き家対策 「平成25年住宅・土地統計調査」によれば東京都の空き家総数は81万件を超えています。 さらに23区をみても、58万件以上の空き家が存在するのです。 空き家率でみても約11%もあり、全国平均から見れば低い数字ではありますが、23区という日本の中心部でこ…

  • 空き家対策特別措置法施行前の固定資産税

    施行前の固定資産税 空き家対策特別措置法によって家にかかる固定資産税は大きく変わりました。 ではそもそも施行前の固定資産税はどのような仕組みになっていたのでしょうか。 このページでは、空き家対策特別措置法施行前の固定資産税について解説していきます。 以前の空き家の固…

  • 空き家対策特別措置法施行後の固定資産税

    施行後の固定資産税 空き家対策特別措置法の施行によって大きく変化するのが固定資産税です。 私達が支払う税金に大きな変化が起こり、これまでとどう変わるのかをしっかり把握しましょう。 優遇措置を受けられなくなる 通常、固定資産税の支払いには優遇措置を設けられてお…

  • 空き家対策特別措置法とは

    空き家対策特別措置法の目的 空き家対策特別措置法は平成27年5月に完全施行された決まりで、特に空き家を持つ人にとっては重要なものです。 どんな決まりなのかをしっかり理解しておきましょう。 そもそもなぜこのような空き家対策特別措置法が必要になったのでしょうか? それは年…

ページ上部へ戻る