記事の詳細

空き家トラブルの1つに不法占拠があります。

近隣住民に迷惑をかけることも少なくないので対策を講じることが大切です。

自分でできる対策

まず自分自身で空き家の管理することが基本となります。

毎日行くのは難しいとしても週に1回は空き家の見回りをして、鍵・窓の開け閉め、ゴミは捨てられていないなどの管理を行う必要があります。

こうした見回りなどで不法占拠は防ぐことが可能です。

不法占拠されないために

不法占拠する人というのは長い間使われている気配がなく、人の往来がない空き家を狙っています。

つまり定期的に人が来るとわかれば狙われるリスクは下がるのです。 もちろん手間のかかることですし、お金もかかることですから決して簡単なことではありません。

しかし空き家を不法占拠されないためには定期的に管理をする以外にありません。

不法占拠されていた場合

もし既に不法占拠されているという場合は、住居侵入罪(住居不法侵入・建造物不法侵入)に該当する犯罪行為ですのですぐに警察に通報し、適切な対応をとってもらうようにしましょう。

どうせ使っていない家だし、不法占拠されても困らないという方もいるかもしれませんが不法占拠は犯罪の温床にもなります。

地域の治安を悪化させる原因もなりますので、まずは警察に通報下さい。

ポイント

もし不法占拠が原因で何か事件が起きれば、その責任を所有者が負う可能性もありますので他人事ではいられないのです。

不法占拠されているとおもったら、すぐに警察に相談しましょう。

自分で直接交渉することは危険を伴う場合がありますので、警察官に立ち会ってもらいましょう。

とにかくこういった事態になる前に、日常的な見回りなどを行うことがリスク回避につながるのです。

法律相談

民間サービスの活用

不法占拠される前に対策を講じるという意味では民間サービスを利用するのも良い方法です。

最近では空き家を所有者に代わって管理してくれるサービスが登場し人気を集めています。

サービスの数が年々増加していることからも空き家対策に悩んでいる所有者が多いことがわかります。

空き家管理会社とは?

こうしたサービスを利用すると月に1回は業者が空き家に行き、通気や換気、庭の掃除やトラブルが起きていないかなどをチェックしてくれます。

もちろん料金はかかりますが自分は何もしないでよく、それでいて確実に空き家を維持、管理することができて便利です。

定期的に巡回をしてくれますから不法占拠を防ぐことができますし、万が一不法占拠されてしまった場合でも業者が対応してくれます。

怪しい人物が空き家の中にいるとなれば自分で対応するのは怖さや危険もありますが、この方法なら安心です。

事前対策が重要

どういった方法を選ぶにせよ、まず不法占拠されないことが第一です。 そして不法占拠されないためには、定期的に空き家を訪れチェックすることが重要で、自分でできない場合は業者に頼みましょう。

実際に日本でも空き家が不法占拠され大きな問題になったケースもあるので油断はできません。

問題が起きる前に対処する意識が必要です。

空き家管理費用一括見積もりサイト【空き家管理費用比較君】

関連記事

ページ上部へ戻る