記事の詳細

犯罪対策

空き家の存在によって地域の治安が悪化する、意外に思われるかもしれませんがこれは事実です。

何の管理もされずに人の出入りもないような空き家は、犯罪者やホームレスにとって都合の良い隠れ場所になるのです。

つまり空き家は犯罪の温床になり得るのです。

空き家と犯罪の関係性

空き家はさまざまな犯罪の引き金になります。

たとえば空き家は誰も住んでおらず、人が来ることも滅多にため隠れるには最適な場所です。未成年が空き家に勝手に入り込み喫煙をしたり、飲酒をしたりする可能性も否めません。

時にはいじめの現場になることもあり、特に未成年者に対して悪影響を及ぼすことがわかっています。

また空き家には一定のスペースがあるため不法投棄に利用されるケースも増えています。特に現在はゴミの分別が厳しくなり、ゴミの種類によっては捨てるのにお金がかかることもあります。

そのためお金をかけずにゴミを処分したい人が、空き家に不法投棄をしてしまうケースも少なくないのです。

不法投棄も立派な犯罪ですが、不法投棄で空き家の状況はさらに悪化してしまい、そこから新たな犯罪が生まれる可能性も出てくる負のスパイラルに陥る可能性もあるのです。

この他にも空き家を狙った放火や空き家そのものを破壊する行為が行われ、家屋が壊されてしまうことも考えられます。

ありとあらゆる犯罪に利用されるリスクが空き家にはあるということを、所有者はこの点を強く認識しなければなりません。

空き家管理費用一括見積もりサイト【空き家管理費用比較君】

犯罪への対応について

では空き家での犯罪を防ぐために所有者ができることはなんでしょうか?

犯罪を犯す人の立場から考えてみると、そこにヒントがあります。

「なぜ空き家が狙い目なのか?」それは誰も来ないからです。人目に付かないからこそ犯罪の温床になりやすいわけです。

となれば対応も1つしかありません。

それは空き家でも定期的に人が来て管理していることを伝える方法です。

毎日行くのは難しいとしても、月に1回程度管理に行けばそれだけでも犯罪者はその空き家に近付かなくなる可能性はたかくなるのです。

つまり人の存在を感じさせることが最大の防犯対策なのです。

どうしても定期的な管理が難しい場合、立入禁止などと書かれた看板を設置するだけでも効果を発揮しますし、玄関先などの入り口をロープで囲ってしまうのもいいでしょう。

看板の無い空き家と看板のある空き家、どちらが狙いやすいかは一目瞭然です。

とにかく空き家を悪用しようとする人に、ここは人がしっかり管理しているんだと思わることが肝心だと意識しましょう。

場合によっては警備会社などに見回りを依頼するのも良い方法です。

犯罪が発生してからでは手遅れなので、あらゆる手段を検討して犯罪が発生しないように努める必要があります。空き家での犯罪や事故は、物件の価値を下げるだけではなく、所有者がその責任を負うこともあるのです。

決して他人事ではなく、自分自身に振りかかる問題として認識することが重要なのです。

最近の空き家犯罪事情

最近の犯罪事情として、空き家になっている不動産の住所を勝手に使われる犯罪が横行しているようです。

具体的には詐欺行為により騙しとった商品の受け渡し場所、おれおれ詐欺などの特殊詐欺の現金の送付先として使用されているのです。

こういった空き家の特徴として、鍵の施錠がしっかりされていないことや、鍵の管理自体が杜撰だったりすることがあげられるのです。さらにひどい場合は、管理する不動産会社もグルになっているケースもあるようです。

こういった犯罪を防ぐためには、やはりしっかりとして管理が必須なのです。

空き家にしておく事情があるとしても、仮にあなたの空き家で犯罪が行われてしまい、資産価値が下がってしまうリスクを抱えたまま空き家を所有するのであれば、何のメリットもないことは明白です。

それよりも資産価値が低下する前の、適正価格で売却するのも賢い選択肢の一つではないいでしょうか?

犯罪対策

空き家の存在によって地域の治安が悪化する、意外に思われるかもしれませんがこれは事実です。

何の管理もされずに人の出入りもないような空き家は、犯罪者やホームレスにとって都合の良い隠れ場所になるのです。

つまり空き家は犯罪の温床になり得るのです。

空き家と犯罪の関係性

空き家はさまざまな犯罪の引き金になります。

たとえば空き家は誰も住んでおらず、人が来ることも滅多にため隠れるには最適な場所です。未成年が空き家に勝手に入り込み喫煙をしたり、飲酒をしたりする可能性も否めません。

時にはいじめの現場になることもあり、特に未成年者に対して悪影響を及ぼすことがわかっています。

また空き家には一定のスペースがあるため不法投棄に利用されるケースも増えています。特に現在はゴミの分別が厳しくなり、ゴミの種類によっては捨てるのにお金がかかることもあります。

そのためお金をかけずにゴミを処分したい人が、空き家に不法投棄をしてしまうケースも少なくないのです。

不法投棄も立派な犯罪ですが、不法投棄で空き家の状況はさらに悪化してしまい、そこから新たな犯罪が生まれる可能性も出てくる負のスパイラルに陥る可能性もあるのです。

この他にも空き家を狙った放火や空き家そのものを破壊する行為が行われ、家屋が壊されてしまうことも考えられます。

ありとあらゆる犯罪に利用されるリスクが空き家にはあるということを、所有者はこの点を強く認識しなければなりません。

犯罪への対応について

では空き家での犯罪を防ぐために所有者ができることはなんでしょうか?

犯罪を犯す人の立場から考えてみると、そこにヒントがあります。

「なぜ空き家が狙い目なのか?」それは誰も来ないからです。人目に付かないからこそ犯罪の温床になりやすいわけです。

となれば対応も1つしかありません。

それは空き家でも定期的に人が来て管理していることを伝える方法です。

毎日行くのは難しいとしても、月に1回程度管理に行けばそれだけでも犯罪者はその空き家に近付かなくなる可能性はたかくなるのです。

つまり人の存在を感じさせることが最大の防犯対策なのです。

どうしても定期的な管理が難しい場合、立入禁止などと書かれた看板を設置するだけでも効果を発揮しますし、玄関先などの入り口をロープで囲ってしまうのもいいでしょう。

看板の無い空き家と看板のある空き家、どちらが狙いやすいかは一目瞭然です。

とにかく空き家を悪用しようとする人に、ここは人がしっかり管理しているんだと思わることが肝心だと意識しましょう。

場合によっては警備会社などに見回りを依頼するのも良い方法です。

犯罪が発生してからでは手遅れなので、あらゆる手段を検討して犯罪が発生しないように努める必要があります。空き家での犯罪や事故は、物件の価値を下げるだけではなく、所有者がその責任を負うこともあるのです。

決して他人事ではなく、自分自身に振りかかる問題として認識することが重要なのです。

最近の空き家犯罪事情

最近の犯罪事情として、空き家になっている不動産の住所を勝手に使われる犯罪が横行しているようです。

具体的には詐欺行為により騙しとった商品の受け渡し場所、おれおれ詐欺などの特殊詐欺の現金の送付先として使用されているのです。

こういった空き家の特徴として、鍵の施錠がしっかりされていないことや、鍵の管理自体が杜撰だったりすることがあげられるのです。さらにひどい場合は、管理する不動産会社もグルになっているケースもあるようです。

こういった犯罪を防ぐためには、やはりしっかりとして管理が必須なのです。

空き家にしておく事情があるとしても、仮にあなたの空き家で犯罪が行われてしまい、資産価値が下がってしまうリスクを抱えたまま空き家を所有するのであれば、何のメリットもないことは明白です。

それよりも資産価値が低下する前の、適正価格で売却するのも賢い選択肢の一つではないいでしょうか?

関連記事

ページ上部へ戻る