千葉県内の市区町村の空き家対策

このページでは千葉県内の市区町村が行う空き家対策について、地方公共団体ごとに解説していきます。実は千葉県全体の空家率は5年前と比較した場合、改善が見られているのです。数値は13.1%(平成20年度)から12.68%(平成25年度)となっているため0.42%も改善されています。全国的に空家率が年々上昇するなか中、その反対をいく千葉県と市区町村はどのような空き家対策を行っているのでしょうか?

まずは千葉市が行っている空き家対策から見ていきましょう。

千葉県

  • 千葉市の空き家対策

    千葉市の空き家対策 千葉市内には5万戸以上の空き家が存在し、千葉県同様に千葉市ではさまざまな対策に乗り出しています。 空き家を放置するリスクは空き家の管理が行き届かずに建物が急速に老朽化することで倒壊などの恐れがあります。 また周辺環境の景観・防犯・火事などを著しく悪化させ…

ページ上部へ戻る