記事の詳細

空き家再利用のビジネスモデル

空き家の再利用する方法として賃貸物件にする考え方がありますが、このビジネスモデルを具体的に考えてみましょう。

賃貸に出しだすことは、ごくごく一般的な賃貸ビジネスで、いわゆるマンション・アパート経営と同じような方法です。

対象は日本に住む日本人・外国人で、ある程度中・長期間で住んでもらうことを前提にしています。

長く住んでくれればその間は安定した家賃収入が見込めますし、入居者を探す手間もかかりません。

空き家を賃貸ビジネスに利用する場合の定番と言える方法でしょう。

賃貸ビジネスのポイント

立地が良く、空き家の状態も良ければかなりの入居希望者が期待でき、収入面でも期待が持てます。

また集合住宅ではないので入居希望者の好みに応じて空き家をリフォームすることもできますから、その意味でも集客力の高さが特徴です。

子供がいるご家庭などには、同じ賃貸物件でも集合住宅ではなく戸建ての家に住みたいという方は多いので、人気も高まるでしょう。

入居者視点で見ると、戸建ての家を購入してしまうと基本的にはそこにずっと住み続けることになるため、なんらかの理由で引越しをしたいと思っても難しいのが現実です。

しかし賃貸物件なら好きな時に引越しをしてしまえるため手軽さも魅力になります。特に珍しいビジネスモデルではありませんが定番だからこそ確実性があり、迷ったらとりえあずこの方法を選択するのがおすすめです。

首都圏であれば迷う必要ありません

全国の空き家のうち駅から1キロメートル以内で交通の便もよく、さらには簡単な修繕で利用できる空き家は全体の15%もあるのです。

特に首都圏であれば賃貸ニーズは非常に高いため、空き家にしておく理由が見つかりません。

意外なことに東京の空き家をみても、上記のような条件の空き家が5万戸以上もあるというのです。

賃貸する場合

まずはリフォームの見積りと不動産会社に地域の不動産賃貸の流通事情を問合せをしてみてください。

また賃貸ビジネスの手続きなどが面倒と感じる方は空き家バンクに登録するのもいいかもしれません。

条件のいい空き家の場合は、すぐに入居を見つけることができるでしょう。

短期賃貸ビジネス

こちらの方法は短い期間貸し出すことが特徴で、たとえば旅行中の外国人、出張で来たサラリーマンなどが対象になります。

長期間特定の人物に貸すのではなく、多くの人に短期間利用してもらう形です。ちょっとしたビジネスホテルのような存在になるでしょうか。

特にここ数年は外国人観光客が増加していて、こうした外国人観光者の中には日本の文化を感じることが最大の目的とする方も少なくないのです、ビジネスホテルのような無機質な施設よりも日本の文化を感じさせる戸建ての家の方が良いと考える傾向が見られます。

また旅行中に日本家屋に滞在できるのことは、旅行の楽しみにもなり十分な集客が見込めるでしょう。

Airbnbが人気

実際、Airbnbのホストになって空き家を改修するなどして、外国人向けに貸し出している物件も増えてきています。

外国人に知ってもらうようにアピールする必要はありますが、Airbnbを利用すれば観光客が高稼働で利用する人気物件になるなんてことも十分に考えられます。

特に都心や人気観光地の一戸建ては人気も高く、物件自体も少ないため半年先まで予約が埋まっているような物件も珍しくないようです。

地域・物件の状態から選択

このようぶ空き家を賃貸物件として利用するにしても、いくつかのビジネスモデルがあります。

重要なのは、その中から自分の空き家の状況や予算、目的にあったものを選ぶことです。

地域性、人口流動、訪問者の属性などをしっかりと見極めて、安定して高稼働が見込める空き家の活用を見出して下さい。

【スマイスター】土地活用 一括資料請求

土地活用

関連記事

ページ上部へ戻る