記事の詳細

私は大阪に親から譲り受けた土地を所有しています。以前は農地だったのですが、現在は更地になっています。

そのため土地が宅地並みに課税されるようになり、固定資産税の支払いが負担に思えるようになってきました。

ただこの段階では不動産をどのように有効活用するかはまったく考えてはいませんでした。

私はサラリーマンで営業の仕事をしていて、年収にするとおよそ500万円程度です。

私の属性で、どのような土地の有効活用をする手段があるのかを調査するために、不動産投資セミナーに参加することにしました。

始まりは不動産会社の営業から

土地相続

暫くの間、土地を更地のまま放置していました。恐らく不動産業者はこの土地に目をつけていたのだと思います。実際にこの土地のまわりにはこういった空き地はなかったので、とても目立っていたのかもしれません。

一度土地のことで営業を受けてからは、どんどん営業活動が活発になりました。そして頻繁に資産運用などの話を持ちかけられるようになったのです。

当初は私の仕事が忙しかったため、ましてや土地を売却するつもりもなかったので、この営業を拒んでいました。

しかし、営業の内容が土地の有効活用の提案であり、節税であったり、副収入といった意味合いのものということを理解していくと、私はこの提案に関心を持ち出しました。

その後も定期的に営業をされる中で、不動産投資セミナーの案内をしてくれたことをきっかけに、まずは勉強や情報収集のために不動産投資セミナーに参加することにしました。

参加した不動産セミナー

不動産セミナー

ただ土地を譲り受けただけで、今後の土地活用については一切の方針は定まっていませんでした。それだけに不動産投資セミナーに参加することで何かを得られるのではという期待はありました。

参加した不動産投資セミナーは、大阪で土曜日の午後から開催されました。そのセミナーでは、税理士の先生の講演がありました。

私自身は漠然と親から土地を譲り受けたため、その価値について考えることもありませんでした。

しかしこの土地がとても大きな資産であり、また相続税の対象にもなってしまうということをセミナーによって実感させられました。

今後何らかの対策が必要だということを認識できただけでも、参加した価値が十分にありました。

内容が漠然としていたセミナー内容

セミナーの内容により土地に対する認識を確かなものにできたものの、あまり個別のケースに踏み込んだものではありませんでした。

情報を得る目的であれば十分かもしれませんが、具体的に今後の指針を相談したい場合には、もう一歩踏み込んだ相談が必要だと感じました。

やはりどこかの段階で、個別に相談をしなければならないタイミングがやって来るのだという感じがしました。その際にこちらの情報を不動産会社に出してしまうと、今後営業がさらにしつこくならないかという不安はよぎりました。

しかし実際に土地の有効活用をするためには、不動産会社に依頼することになるので、これを気にしていては前にすすめないことがわかったのです。

目的が多様な不動産投資

また不動産投資セミナーに参加して気付いたこといに、参加者がそれぞれ漠然としながらも目的をしっかりともっていることでした。

資産運用の方法を求める方、節税対策を重視したい方、相続を考えている方など、土地を有効活用するために不動産投資セミナーを活用しているのがわかりました。

このことは私にとって非常に良い刺激になりました。

まずは目的を持ち、それを実現するにはどうするかのスキームをしっかりと持つことが重要なのだと認識できたのです。

土地がない・自己資金がなくてもOK!方法をプロが伝授します!

不動産投資セミナー

賢い人は始めてる!賃貸併用住宅で0円で家を買おう。

関連記事

ページ上部へ戻る