記事の詳細

事前準備が大切

不動産の売却をできるだけ早くスムーズに行っていくには、十分な事前準備が必要です。

やっと買主を見つけ価格の合意に至り契約をする段になって、「あの書類を紛失した」「この書類が不足している」などの事態になると、契約自体に遅延が生じる恐れもあり買主からの信頼を失ってしまいかねません。

そのような事態を避けるためには、不動産売却をするときにはどんな書類が必要なのかを事前に知っておき、売却を検討する頃から準備を始めておくと安心です。

しかも、書類をそろえておくことによって価格交渉などを有利に進められる場合もあります。

では不動産売却時にはどのような書類が必要になるのでしょうか。

必要書類

まず一戸建てやマンションであっても不動産に共通している必要書類は、売主に関する書類です。

身分証明書実印印鑑証明書住民票などの本人確認書類が必要です。

名義人が複数の場合は、共有者全員のものを揃える必要がありますのでご注意下さい。また注意したいのは、住民票や印鑑証明書などは有効期限があり発効から3カ月以内のものでなければなりません。

売り出す建物に関する書類も必要です。

登記済み権利書というものです。これは法務局から登記名義人に交付される書類で、物件の真の所有者を証明する書類です。

相続などで不動産を取得した時に、相続登記がされていないと登記簿謄本の住所氏名と、売主の住所氏名が一致しないことがあります。

そうなると手続きに時間がかかりますので、早めの準備を心がけましょう。

固定資産税納税通知書固定資産税評価証明書をそろえましょう。

固定資産税の納税額を確認するために必要な書類で、移転登記をするときに登録免許税を計算する時にも必要になる重要書類です。

固定資産税は、1月1日時点の物件の所有者に課税されるものですので、最新のものを準備するようにしましょう。

一戸建てや土地を売買するときに必要になる書類としては、土地測量図境界確認書が要ります。

土地を売る場合に価格を決めるために必要となり、境界線が明確でないと購入後のトラブルになることもあり得ます。

一戸建ての売却の時には、建築確認済証建築設計図書工事記録書なども用意するとよいでしょう。

建築確認済証は、物件が建築基準法に沿って建築されていることを証明するもので、あとの建築設計図書、工事記録書は家がどのように設計、工事されたのかを示す情報です。

買主が家をメンテナンスしたり、リフォームしたりする時に重宝する書類のため、これをそろえていると買主からの信頼を大いに勝ち得ることができるでしょう。

この書類を揃えるときに、家の建築設計図書と実際の家の間取りが実は違うということが発見されることがまれにあります。その場合は現況を優先することをしっかり明記することが重要です。

マンションの売却をするときには、マンションの管理規約修繕工事の履歴マンション維持費などの書類があるとよいでしょう。

マンションを買うときには、管理を買えと言われます。それほど買主にとっては、どんな維持管理がなされているかを把握することは大切なのです。

これらの書類をきちんと揃えておくことで、購入検討者に建物情報だけではなく、売主の人となりについても十分に知ってもらい、安心して契約を結ぼうという気持ちになってもらえるかもしれません。

十二分の書類を提供できる不動産物件は、管理もしっかりしていると見なされることにもつながる為、できる限りの資料は準備しましょう。

買主の立場になって、質の高い情報を提供できるように心がけましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る