記事の詳細

不動産を相続した、急な転勤がきまった、離婚をするなど急いで不動産を売却しなければならないケースがあります。

このような時には、不動産会社に仲介してもらって何カ月もかけて売却してもらうことよりも、不動産会社に直接物件を買い取ってもらうことを考える方が多くいます。

いわゆる不動産買取というものです。

ではこの不動産買取を利用するメリットはなんなのでしょうか?

迅速な現金化

まず大きなポイントは、不動産の買取のため売買が成立するまでが短期間だということです。

ふつうの仲介による売却ですと、早くても1カ月~2カ月は売買成立までにかかってしまいます。

しかし買取であれば、数日から数週間ほどで売却額を現金化することができます。

最短で3日や即日で現金化ができる不動産会社もあるほどです。

そのため不動産の買取システムは資金計画がとても立てやすいのがポイントです。

例えば買い替えで次に住む家がもう決まっている場合、今の家がなかなか売れずいると、住宅ローンの計画などに支障が出てしまうでしょう。

その点不動産買取の場合は、すぐに不動産会社に売れるため次に向けての計画が立てやすくなるのです。

ひとに知られることが少ない

次にあげられるメリットは、他人に知られずに不動産を処分することができるということです。

不動産を手放す理由は人それぞれであり、かなり個人的な事情が関係することがあります。

しかし買取であれば、不動産会社と直接取引するため広告など一切出ることが無く、周りに売りに出されていることを知られること無く売買を完結できるのです。

瑕疵担保責任

さらに、瑕疵担保責任が免除されるというのも大きなメリットです。

買取の場合、不動産業者に売ることになるため瑕疵担保責任が問われません。売却後の面倒なアフターフォローや保証の必要がありません。

建物が古くて、設備不良や故障の心配があったりしても、直して売る必要がないのです。後からクレームが出たり、契約を解約されたりする恐れがないのです。

仲介による売却の場合は、この瑕疵担保責任によって、修復にかなりの費用が掛かり損をしてしまったという事例も数多くあります。

仲介手数料がかからない

仲介手数料がかからないということもメリットにあげらるでしょう。

不動産買取は業者に直接不動産を売るので、そもそも仲介手数料の必要がありません

通常仲介手数料は、400万円以上の売買なら売買価格の3パーセントに6万円がプラスされた額を支払わなければなりません。そのすべてが不要になるのです。

買取はよく、仲介よりも価格が安くなるといわれています。その理由は、業者が買い取り価格を決めるときに後々の修繕費用やリフォーム費用を考えているからです。

買い取った後に、付加価値を付けて売り出すことを考えているので、どうしても価格が安くなってしまうのです。

不動産売却には、さまざまな事情が関係していますので、自分のニーズに合わせて不動産買取を一つの選択肢にすることもできるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る