不動産売却について

不動産売却

不動産を売却する方法は、主に「仲介による売却」または「買取による売却」があります。

どちらのケースにしろ不動産会社に依頼することがほとんどでしょう。

また不動産会社に依頼する場合、今までの代表的な手段は近隣の不動産会社に相談する方法だったと思います。

しかし最近ではインターネットで一括査定する方法が非常に効率もよく人気の方法となっています。

どちらが良い方法なのかは、不動産の状況や内容によっても異なってくるため一概には決めることができません。

ちなみにこの不動産の状況や内容とは、売りたい方の状況になります。具体的には
「急いで売却したいのか?」「じっくりと売却したいのか?」によって、最適な不動産の売却方法は大きく変わってくるのです。

不動産を売る時のポイント

  1. 買取なのか?売却なのか?を自分の状況から判断する。
  2. 不動産の相場を調査。買取と売却で価格は異なる。
  3. 不動産会社を探す方法はさまざま。担当者が成功の鍵

自分の売却プランを考える

売却プラン

また売却したい不動産は「ローン返済中で残高が多くあるのか?それとも残高はすくないのか?」でも売り方は変わってきます。

「土地だけなのか?」「古屋付きなのか?」「共同名義の不動産なのか?」など条件もさまざまなのです。

まずはご自分がどのうような売却プランをもっているか確認してみてください。

しっかりと不動産売却プラン(仲介・不動産買取)を組むことで方向性がきまってきます。方向性がきまれば、おのずと最適な売却方法も見えてくるのです。

売却プランを「一般的な売りに出す」プランに決定した場合、まずは「自分で不動産会社を探す」or「インターネットの一括査定」のどちらかで不動産会社を選び出します。そして気に入った不動産会社と媒介契約を締結します。

媒介契約にも3つのパターンがありどれが、ご自分のプランにあっているのか考える必要があります。

媒介契約のポイント

  1. 住宅ローンの残高状況から買取を判断。
  2. 媒介契約は3パターンあり。
  3. 不動産を売却する前に必要書類をチェック。

売却額にかなり差がでる

一括査定

マンションであれ戸建てであれ、依頼する不動産会社によっては売却額が異なってくるケースがあります。

あなたが地域相場に精通していて、自分の価格設定に絶対の自信を持っている場合はその限りではありませんが、そうでない場合、一社だけに不動産の売却を任せるはかなりリスキーと言えます。

そこで活用するのが、「不動産の一括査定」になります。

一括査定では複数の不動産会社から提案を受けることができますので、そこからあなたが気に入る提案を選べば良いのです。

また複数の提案を受けることで、あなたの物件の相場も何となくつかめると思いますが、突出して高い金額や安い金額を提案する会社には注意が必要です。

どういう提案が良いかの基準ですが、売却価格の設定に理由付けがされているものです。

仮に相場より高いのであれば、なぜ高いのか?反対に低いのあれば、なぜ安いのか?を明確に回答してくれる担当者が良いでしょう。

またこれにプラスして、約束をきっちり守り、やる気が非常にある営業マンは当たりと言えると思います。

自分の足で不動産会社を回って対面で気に入る方を探すのも悪くはないのですが、非常に労力が必要になります。

少しでも高く不動産を処分したいのであれば、まずは一括査定を活用してみては如何でしょうか?

住まいサーフィンでは、新築・中古の価格情報・評価を無料で公開!

◯マンションの適正価格を知りたい!

◯モデルルームに行かなくても価格表を見たい!

◯客観的なマンション評価を知りたい!

◯中古マンションの売却相場を知りたい!

不動産価格

不動産売却

  • 価格査定マニュアルによる中古戸建住宅の査定

    土地の査定 不動産流通推進センターが提供している価格査定マニュアルを用いて中古戸建住宅の査定を行う際には、どのように算出されるのでしょうか。 不動産流通推進センターの価格査定マニュアルを利用した中古戸建住宅の査定では、土地と建物部分をそれぞれ分けて査定を行い、それぞれ得られた…

  • 不動産流通推進センターの価格査定マニュアルとは

    不動産流通推進センターが提供している価格査定マニュアルは、不動産業者が顧客に仲介価格の意見を述べる際に、その根拠となる金額を合理的に算出するために用いられるマニュアルの事を指しています。 不動産業者は取引に際してなすべき事が宅地建物取引業法により決められています。取引に…

  • 不動産の査定方法。簡易査定と詳細査定って?

    簡易査定(机上査定)のメリット 不動産の売却では、不動産業者から物件の査定を受ける際に簡易査定(机上査定)と詳細査定(訪問査定)の双方があるのですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。 まず簡易査定(机上査定)とは、売却を予定している周辺でどのような取引事例があるかや…

  • 個人でも不動産取引はできる?

    個人売買のメリット 不動産の個人売買を行なう際にはメリットとデメリットの双方があります。 まず不動産の個人売買のメリットについてですが、間に取引業者(不動産会社)を通さずに直接買い手に売却することができますので、中間マージンが掛からない点が挙げられます。 取引業者にお願…

  • マンションの内見を成功させるポイント

    内覧するということは? マンションを売却する際に、内覧希望者がいるということはそのマンションが売れる可能性があることを示唆しています。 ただし内覧希望は多いが、なかなか売買成立に至らないといったケースもあります。 こういった場合、内覧を行って気に入らない何かしらの理由があっ…

  • マンションが売れないとき、仲介する不動産会社の変更で注意するポイント

    得意・不得意を判断。 マンションが売れない時の対策として、不動産会社を変えることも有効な手段の一つになります。 一般的にはマンションを売却する時に不動産会社と契約をするのですが、その際の契約には3つの種類があります。専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約があります。 …

  • マンションの査定をアップするポイントはこれだ!?

    マンション査定とは? マンションを売却する時に、不動産会社が行う査定により販売価格の指針が決まり、高評価のマンションなどは希望する販売価格よりも高く設定されこともあります。 マンションを高く売却する上で、この不動産会社が行う査定のポイントが重要となるのです。 もちろんこの査…

  • マンションを高く売るための値下げタイミングと値下げ幅の設定

    物件の再調査 マンションを売却する際、売れない場合は値下げしなくてはならない時があります。 しかし闇雲に値下げをしても効果があるわけではありません。それどころか無駄に値下げをした分、大きな損失を出してしますこともあるのです。 値引きをする際には「値下げをする時期」と「値下げ…

  • マンションを手放すべき3つの理由。

    資産価値の低下 せっかく購入したマンションでも、状況により早く手放した方がいい場合があります。 この場合、早期の対応が重要となり、早く売却できればそれなりの価格で売却できることもありますし、精神的プレッシャーからもも解消されます。 このページでは売却を急いだ方が…

  • 内覧の申し込みはあるけど、マンションが売れない理由

    クリアすべき問題点 マンションを売りに出したが、反応も内覧希望もあるけども、内覧で止まってしまって契約に至らないケースがあります。 この場合、契約に至らないいくつかの問題点が考えられます。 まず内覧者の立場からすれば、マンション自体に興味があるため物件を見に来て…

ページ上部へ戻る