任意売却と一般売却

不動産を任意売却する場合と一般売却する場合で比較をすると、様々な点で違いがあります。

まず任意売却と一般売却を比較するともっとも大きな違いになるのは売り手側の状況についてです。

一般売却とは通常の不動産売却を指していますので、まだご自身の借金に関わる所で金融機関などの債権者とトラブルが生じておらず、返済もきちんと行なわれている最中で行なう不動産の売却を指しています。

この売却において不動産に抵当権が設定されていれば債権者との交渉は避けて通ることはできませんが、担保等がなければ誰に相談する事なく売却については自身の意思だけですべてを決定することができます。




任意売却と競売

その一方で任意売却の場合は状況が大きく異なります。

任意の売却は債務の支払いが滞り、債権者が裁判所に競売申立を行った以降に行なう不動産の売却を指しており、債権者との間にはすでに大きな問題が生じているのです。

双方の売却を比較すれば不動産を売る点では一見すると同じようにも見えます。

しかし置かれている立場には決定的な違いがあり、競売申立が行われた以降は手続きが淡々と進みますのでそう長い時間が掛からず自宅が人手に渡ります。

競売されるまでの時間は非常に短く、またその間のスケジュールはこちらの都合等は一切考慮されません。

そのため一般の売却と異なり任意売却は時間との戦いでもあるのです。



任意売却をするには?

続いて2つの売却方法を比較した場合の違いについては、売却の主導権があげられます。

まず一般売却の場合は売却の主導権は不動産所有者自身にありますので、いつどのようなタイミングで売りに出すのか、売却額はどうするのか、誰に売却するのかなども含めてすべては自身で判断することができます。

有利な売却が可能

不動産の売却ではタイミングを図る事が重要で、世間のニーズは市場価格はその時々で変化しますので、タイミングよく売却すれば利益はより大きくなるのです。

また希望する売却額を高めに設定する事もできますので、まだ借金問題が顕在化せず時間にゆとりがある中では高額に売却できる相手をゆっくりと探す事ができます。

規制のある中での売却

その一方で任意売却の場合はすでに切羽詰った状態にありますので、売却の主導権は必ずしもご自身にある訳ではないのです。

一刻も早く売らなければなりませんので売却のタイミングを図ることはできず、また時間に限りがある中では売却額や誰に売るかもこちらの希望する通りにはならないのです。

こうした様々な制限がある中で売却しなければいけない点も、双方の売却方法における異なる点として挙げられるのです。

賢い任意売却とは?

一般の不動産売却に比較すると当然、自由度は下がります。しかし競売により不動産を処分されることと比較した場合は話が変わってきます。

競売では市場価格の7割程度が落札額となるため、任意売却が圧倒的に有利になるのです。またはリースバックという方法もあります。

まずは任意売却とはどういったものなのかを知り、自分の状況に応じた対応をすることが不動産の売却額を高めることにつながります。

このページですは任意売却について状況ごとにどういった対応がベストなのかを考察していますので、興味のあるコンテンツが御座いましたら是非参考にしてみてください。

まずは借金の見直しから始めてみませんか?

借金解決の第一歩は、債務整理の無料相談情報からどうぞ!?

任意売却

  • 任意売却するメリットは?

    不動産の任意売却は売り手・買い手双方の視点でメリットを考えるとさまざまなプラス点が浮かびあがります。 特に不動産競売と比較した場合、任意売却と競売の終着点に大きな差が生じることになります。 このページでは任意売却と競売を比較した場合の、任意売却のメリットについて簡単に解説して…

  • 任意売却で不動産を売却するには?

    任意売却とは? お持ちの不動産が競売に掛けられるのを避けて任意売却する際には、どのように売却すれば良いのでしょうか? まず任意売却とは通常の不動産の売却とはやや異なり、借金がある事が前提としてあげられます。 売却までの流れとしてまず借金や住宅ローンの返済などが難しい状態…

ページ上部へ戻る