記事の詳細

借金が完済できない場合

任意売却

任意売却で不動産を処分したにも関わらず、売却額が少なく借金が完済できない場合はどのように対処すれば良いのでしょうか?

こうした問題については経験豊富な業者に依頼した場合はあらかじめリスクの説明を受けた上で、その後の返済プランなどについても紹介してもらうことができます。

まず任意売却で不動産を売却した場合には、債権者との交渉の中で残債について必ずしも一括での返済を求められる訳ではなく、話し合いの中で分割払いにすることができます。

分割払いも可能?

分割払いであれば月々の支払額をご自身の生活状況に合わせていくらにするか返済額の交渉を行なうことも出来ます。

そのためそれほどに追い詰められることもなく、多少のゆとりを持って返済していくことが可能になるのです。

この月々の返済額についてはケースごと変わりますが、経験豊富な業者に依頼すればわずか数千円まで押えることも可能な場合もあります。

ただし注意すべきポイントもあります。

月々の返済額を小額にしたい場合、その分だけ返済期間が長くなるため、金利負担分が増えることにもなりかねません。

当面の急場しのぎでは有効となりますが、長期的に見た場合はトータルの負担を軽減させるためにも収入が安定した頃を見計らい、再び月々の返済金額をアップさせるための交渉を行なうと良いでしょう。

相談先が重要な理由

信頼の置ける対応が期待できるのは任意売却の経験豊富な業者や弁護士・司法書士などになります。

いい加減な業者の場合は自宅を売却すれば残債があってもどうにかなるなどきちんとした説明を行わず、後になり問題が露見することが往々にしてあります。

業者の言い分としては、売却後は放っておけば債権者から請求は無くなる、時効を迎えれば良いなどと聞かされる事もありますが、後々の対応に困る事がないよう業者選びは入念に行ないましょう。

自己破産も視野に?

自己破産

続いて任意売却で不動産を処分しても借金が完済できない場合の対応として、どうしても返済の目処がたたない場合は自己破産の選択も視野に入れておくと良いでしょう。

債権者との交渉ではこちらに有利な条件を引き出すことも可能ですが、残債について放棄してくれる所までいかない場合は、売却額を差し引いても多くの債務が残ることがあります。

現在の収入や生活状況などを勘案して、これ以上は難しいと感じた場合には自己破産を選ぶこともまた選択肢の一つになるのです。

まずは専門家に相談

自己破産を視野にいれるべきかどうかについては、具体的にご自身で決めてるよりも、自己破産を取り扱う弁護士と任意売却やリースバックを得意とする不動産業者に相談してみると良いでしょう。

ご自身で自覚はしていなくても相当追い詰められていることもよくありますので、借金が完済できない場合はどうすれば良いのシュミレーションを専門家にしてもらうことからはじめてみましょう。

住宅ローンの支払いに行き詰まった方は・・・

相談無料×24時間対応のお任せ任売ナビ任意売却までお気軽にお問合せ下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る