記事の詳細

不動産の任意売却は売り手・買い手双方の視点でメリットを考えるとさまざまなプラス点が浮かびあがります。

特に不動産競売と比較した場合、任意売却と競売の終着点に大きな差が生じることになります。

このページでは任意売却と競売を比較した場合の、任意売却のメリットについて簡単に解説していきたいと思います。

任意売却と競売を比較

任意売却と競売

まず任意売却のメリットを考える時に浮かび上がるのは、任意売却のほうが裁判所の不動産競売よりも高額で売却できる点についてです。

また競売では物件についての限られた時間・情報の中で入札するか否かを判断する事になり、そこには大きなリスクが潜んでいます。

その一方で任売の場合は売り手側に売却する意思がありますので、購入希望者が希望すれば物件内部の状態について確認のための内覧が積極的に行なわれます。

また物件内に売り手の動産やゴミなどがあればすべてを撤去してから引き渡されますので、この点でも競売におけるデメリットの心配がなく、競売と比較をすれば市場価格に近い金額で売却する事ができます。

競売では市場価格のおよそ7割からそれ以下での売却になりますので借金の返済に充てる資金も少なくなり、家を失ったにも関わらずそれでもなお借金が残る事もあるのです。

その一方で任売であれば購入希望者は物件を内覧できるなど安心して取引することができますので、市場価格の10割とはいきませんが相場に近い価格で売却する事が可能で、買い手・売り手の双方に都合が良いのです。

近隣との関係

また任売は売り手が自身の意思で物件を売却する方法ですので、裁判所が関与する競売とは大きく異なり、周囲の見る目を気にする必要がありません。

競売が実施される場合は裁判所の執行官が物件に訪れたり、また地元の不動産屋などから情報が漏れて周囲に噂が広がるなど嫌な思いをすることにもなりかねません。

特に他人の懐事情は噂話の格好のネタになりますので、ご自身で話す事が無くてもいつの間にか知れ渡る事があります。

その一方で任売であれば通常の物件の売却と手続きは全く一緒になりますので、単に不要になった物件を売却するだけにしか見えません。

そのため知られたくないこちらの懐事情がご近所などに気付かれることもなく、変に噂される危険もないのです。

債権者との交渉

さらに不動産を任意売却するメリットを考える時に大きなポイントになるのは、債権者の対応についてです。

任売に際しては債権者と話し合いをして手続きを進めますので、話し合いの中では残された債務について何かしら柔軟な対応を期待できる場合もあります。

例えば売却益を一括で返済に充ててもなお債務が残る場合に利子を減らしてくれたり、またお金に関わりがなくても住宅明け渡しの時期などで柔軟に対応してくれることもあります。

任意売却のメリット大きい

競売の場合に相場の7割程度でしか不動産物件をさばくことができないことを考えると、なんとしても競売は避け、任意売却で不動産を処分できるように交渉することが重要です。

・競売開始決定通知が届いたけど・・・

・住宅ローンを半年近く滞納してるけど・・・

「家を残したい!」という方は「2分できる簡単無料診断」をお試しください。

関連記事

ページ上部へ戻る