記事の詳細

任意売却のデメリット

任売デメリット

不動産の任意売却ではメリットがクローズアップされますが、当然デメリットについても知っておく必要があります。

そして任意売却のデメリットを考えるといくつかのマイナス点があげられます。

まずひとつ目の任意売却のデメリットは、手続きや交渉などの手間が掛かる点です。

一般的に任売は借金が支払えず、すでに裁判所に差押申立がされてから行う売却のため、一般の不動産売却と比較をすれと出発点に大きな違いがあります。

任売の場合は、売却したお金を借金の返済や行き詰った住宅ローンの支払いに充当することになるのですが、その際に往々にして売却額だけでは全てを返済することができない場合があります。

一括返済ができない場合は売却代金や返済する金額などについて債権者である金融機関と話し合いを行う必要があり、さらには売却や引越しなどに必要となる経費などの費用についても交渉を行なう必要があるのです。

専門家に頼むにも費用がかかる

売却に伴う費用については全てを伝えて金額の交渉を行ないますので、債務者自身が全てを行うのにはやや荷が重いのです。

なお交渉に際してはコンサルタント会社や弁護士などを利用する事もありますが、その際にはまた別途で費用が掛かります。

債権者の同意が必須

続いてのデメリットは、必ずしも希望する通りには交渉が進まないことがあげられます。

任売では、様々な点で債権者の同意を得ることが必須であり、特に借金返済の原資になる不動産の売却価格については債権者はもっとも気にする所です。

債権者が想定していた額より低ければ売却話自体流れることもありますし、また債権者だけでなく保証人がいた場合には保証人の同意も得なければなりません。このように超えなくてはならないハードルがあるのです。

ご自身で妥協した金額で売却したくても、債権者や保証人などと交渉の末に同意が得られないのであれば任売は成立せず、売却に向けて目論み通りに状況が進まないこともあるのです。

有限の時間

競売期限

またデメリットを考えるときに気を付けておきたいのは、競売の取り下げがなされいない場合です。

競売の実施までに限られた時間があるのです。すでにこの時点で裁判所には差押申立が行なわれていますので、その後の手続きは着々と進行します。

競売が実際に行われるまでには数ヶ月ほどの期間を要しますが、申し立ては基本的に自動で手続きが進みますので残された猶予は少ないのです。

そのため裁判所から差押申立の通知が来た時点ですぐにでも動き出す事が重要であり、ご自身でできることであれば対応しても良いのですが、複雑な交渉なども絡んでいる事ですのでコンサルタント会社や弁護士など専門家に依頼した方が安心できます。

最後は専門家に依頼がベスト?

専門家に依頼する場合は確かに費用はかかりますが、その費用を含めた話し合いを債権者としてもらうことも可能です。

また債権額の減額、販売価格の交渉などは債務者本人ではなかなか難しいことも多いため、任意売却を得意とする専門家に依頼することがいいでしょう。

住宅ローンの支払いに行き詰まった方は・・・

相談無料×24時間対応のお任せ任売ナビ

お任せ任売ナビにお問合せ下さい。

任意売却

関連記事

ページ上部へ戻る