記事の詳細

住宅ローンに行き詰まってしまいマイホームを手放さなくてはならない・・・

しかし子供が転校するのはどうしても避けたい・・・

こういったケースで威力を発揮するのがリースバックです。

このリースバックは不動産取引の中の任意売却のひとつなのですが、メリットを考えるとさまざまなことが浮かび上がります。

このページではリースバックのメリットについて、各状況ごとにわかりやすく解説していきたいと思います。

※リースバックを利用するまでの流れについてはリースバックとは」にお進み下さい。

リースバックのメリットは?

リースバック

まず不動産リースバックとは、自宅などの不動産を売却した相手と、その物件について賃貸契約を締結するものです。

そのため、売却した後もこれまでの家に住み続けることができるです。

さらに住宅ローンよりも少ない家賃設定で住むことも可能なため、今後の資金計画の見直しまでできてしまうのです。

このことがリースバックの最大のメリットとして挙げられます。

住宅ローンの支払いに窮したり、また他の借金のため自宅を手放さなければならない場合でも、自宅を売却して債務を返済してしまい、同時に賃貸契約を結び賃貸料を支払うことでそのまま住み続けることができるのです。

家族構成によってはかなり有効

一般的に自宅を売却すれば所有権は他人に移りますので、そのまま居座り続けることはできません。

また不動産競売の場合も同様で、落札後にそのまま住み続ければ強制退去の憂き目にあうでしょう。

仮に売却後もその住居に住み続けることができれば、それに伴うメリットは計り知れないでしょう。

例えば新居を探して引越しをする必要がありませんので、引越し費用・敷金・礼金などの費用を節約することができます。

また引っ越しにともない居住地が変わる場合には、周辺の環境に合わせて生活パターンが大きく変わることもあります。

例えば最寄りの駅までの距離によっては以前よりも早く出社しなくてはいけなかったり、これ以外にも子供の通学や近所への買い物など、生活のさまざまな場面で影響を受けることになるのです。

しかしリースバックの場合、こうした生活パターンを変更する必要もなく、これまで通りの暮らしができる点は非常に大きなメリットといえるでしょう。

さらに競売になった場合とは異なり、ご近所の方などにも経済事情について気付かれることがない点も大きな利点として挙げられます。

維持管理などの心配がなくなる

また不動産リースバックのメリットを考えた時には、それ以外にも多くのプラスの面があります。

まず建物に関しては賃貸物件になりますので、これまでのように物件に痛みが生じても自身で修理費用の全てを出す必要がなく、業者側がフォローしてくれます。

例えば建物の傷みでは雨漏りが生じたり白アリが発生することも考えられますが、いずれも修理費用のフォローを受けられますので負担すべき費用はかなり軽減されるでしょう。

また債務残高によっては、物件の売却に伴い短期間のうちにまとまった資金を調達できるケースもあります。

自営業者の方が一時的に手持ちの資金を確保するために一旦売却して、近い将来に資金を確保してから買い戻すということも可能なのです。

また住宅ローンは完済したものの、高齢であるため自宅を売却して老後の資金を確保しつつそのまま住み続けるといったケースにリースバックは適しているといえます。

つまり、さまざまなライフスタイルにあわせて、この不動産リースバックを有効活用がすることができるのです。

まずはご自分の状況でこのリースバックを活用することができるか確認してみてはいかがでしょうか?

リースバック

住みながら家を売却することができるのがリースバックです。

関連記事

ページ上部へ戻る