記事の詳細

任意売却にかかる費用

任意売却費用

不動産の任意売却では様々な費用が発生します。

では弁護士と不動産会社にかかる費用はどれ位になるのでしょうか?

まずその前に、専門家を利用せずに個人で任意売却を行いたい、こういった費用をかけたくないという方もいるかもしれません。

しかし実情として交渉ごとや書類作成などを始めとして、専門知識がないと難しい作業も多いためあまりお勧めはできません。

またこういった背景もあり一般的に任意売却を行う際は、弁護士に依頼したり不動産会社に仲介をお願いする事が多いのも事実なのです。

競売の場合は裁判所で手続きが行われますので費用負担は無いのですが、任売では専門家への依頼と共に様々な費用が掛かることになります。

大きく分けると売買契約書に貼付する印紙代抵当権を抹消するための費用・仲介手数料の3つに分かれます。

こうした中でも弁護士と不動産会社にかかる費用については大金になるのではないかと心配されますが、実態としてはそれほど大きな負担になることはありません。

弁護士にかかる費用は?

まず弁護士に依頼する場合ですが、金額は案件や事務所ごとに異なりますが一般的におよそ20万円~60万円程の報酬が目安となります。

報酬の内訳として、まず相談料については無料になることも多く、その費用は着手金と成功報酬により占められています。

着手金についてはおよそ10万円~30万円になり、成功報酬は10万円~30万円になりますが、案件によりこのあたりの金額は変動します。

なお成功報酬についてはその名の通り成功した場合に支払われる報酬になりますので、売買が成立しなければ請求されることはありません。

不動産会社にかかる費用は?

続いて不動産会社に仲介を依頼する場合についてですが、こちらのケースでは宅地建物取引法と呼ばれる法律で仲介手数料について規定されています。

具体的な計算式としては、成約価格の3%+6万円+消費税となります。

例えば物件が2000万円で売却できた場合には、60万円+6万円+消費税=71万2千円と計算されます。

また業者を利用する際には仲介料を直接支払う必要はなく、仲介手数料は成功報酬ですので物件の売却により得られた費用から差し引かれることになり、事前に現金を用意する必要はありません。

なお業者によっては販売促進費や任意売却申請費などの名目で費用を請求してくる所もありますが、法定以外の費用請求は違法になりますので注意が必要です。

弁護士それとも不動産会社?

任意売却に際しては弁護士と不動産会社にかかる費用としておよそこのような金額になるのですが、どちらに依頼した方が良いかはそれぞれの会社や事務所を比較して見なければ分からない部分があります。

まずはお住まいの地域で評判を聞きつつ、依頼を受けてくれる所を探してみましょう。

提携型がお勧め?

任意売却を得意とする不動産会社は弁護士など法律の専門家と提携している会社も少なくありません。

相談先も一つですむため、弁護士などと提携する不動産会社に依頼するのもいいでしょう。

また任意売却の相談については無料相談を実施している不動産会社もありますので、まずは問合せを行うことからはじめてみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る