記事の詳細

任意売却は誰に相談?

住宅ローンの支払いがきつくなり、滞納が発生するような状況なったときに、避けるべきことは競売になることです。

なぜなら競売になった場合、住居を失う上に債務が残る状況になることが多々あるからです。

ですから住宅ローンの支払いが滞る状況になる前に、またすでに滞納している場合でも、まずは債権者に支払方法などを相談してみることが大切です。

また今後も経済状況の回復が見込めければ、任意売却で不動産を処分してしまうこともひとつの選択肢となることを知っておくと良いでしょう。

では不動産の任意売却を考えた時に、どこに相談すればよいのでしょうか?

まず相談先の候補として、不動産業者弁護士事務所司法書士事務所などが考えれられます。

不動産業者と言っても、街中で物件などを紹介している一般の不動産業者ではなく、任意売却を専門とする不動産業者となります。

任意売却を得意とする不動産会社

一般の不動産業者の場合でも、任意売却の取扱いに経験豊富であれば問題は無いのですが、通常は十分な対応を得られないことがほとんだと思います。

なぜなら任意売却は通常の不動産取引と大きく異なるからです。

任意売却の場合、物件を売却した後に代金を差し引いても住宅ローンが残る場合が多いのですが、このときの対応の仕方に大きな違いが見られます。

一般的な不動産業者であれば、「不足分があって返済できなければ抵当権は消せないので売却は難しい」などと早々に断られることもあります。

そのため、込み入った問題のアドバイスを聞きたい場合は、任意売却を専門とする業者を選択することがおすすめです。

また融資を受けている金融機関によっては、専門業者を紹介してくれたり指定されることもあるようですが、その一社に限定することは得策ではありません。

また一つの業者だけで話を進めるのではなく、複数の業者に相談してそれぞれを比較することも重要です。

弁護士・司法書士も対応

続いて任意売却する時の相談先として挙げられるのは弁護士事務所や司法書士事務所です。

一般的に弁護士は法律に関わる仕事しか対応してくれず、また司法書士も法律に関わる事務しか行わないように思われていますが、物件を任意で売却する際に相談や依頼を引き受けてくれる事務所があります。

この弁護士と司法書士の双方に依頼した場合のメリットとしては安心や信用などの点で強みがある点が挙げられます。

双方共に交渉ごとには長けていますので、個人で対応しても足元を見られて交渉が難しい金融機関やローン会社などの債権者を相手に、こちらに利する条件を引き出してくれる事があります。

ただその一方で気をつけておきたいこともあり、基本的に弁護士や司法書士は債権者との間で行なう交渉が主たる業務で、その後に行なう物件の売却先をどこにするか選定したり売却価格の交渉などについては行ないません。

このあたりの業務については事務所と提携している不動産業者が引き受ける事になりますので、弁護士が優秀であっても業者についてはどこまで期待できるかは別の話になりますので、この点はあらかじめ理解しておきましょう。

理想の相談先は?

任意売却やリースバックを得意する不動産会社は、弁護士と業務提携など行い、タッグを組んで任意売却に取り組んでいる場合があります。

このようにワンストップで任意売却を依頼ができるところを探すことも、任意売却を成功させるポイントになるでしょう。

住宅ローンの支払いに行き詰まった方は・・・

相談無料×24時間対応のお任せ任売ナビ任意売却までお気軽にお問合せ下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る