記事の詳細

マンション査定とは?

マンションを売却する時に、不動産会社が行う査定により販売価格の指針が決まり、高評価のマンションなどは希望する販売価格よりも高く設定されこともあります。

マンションを高く売却する上で、この不動産会社が行う査定のポイントが重要となるのです。

もちろんこの査定は公的評価を行うものではなく、あくまでも販売価格の目安になるものです。仮にきちんとした財産価値を知りたい場合は、不動産鑑定士という国家資格を持った人に依頼しなければなりません。

不動産会社の査定はあくまでも参考価格なのですが、経験豊かで優秀な不動産会社の査定は売れる値段を正しく出してくれる場合が多いので軽視できません。

ではどのようにマンションの査定を行うのでしょうか?

まず査定方法には、簡易査定と訪問査定があります。簡易査定は不動産流通データから概略を出す査定で、訪問査定は現場に行って行う査定になります。

インターネットのマンション査定とは?

最近ではインターネットでも無料の査定サービスが多くありますが、このサービスを利用する際の項目が、査定をする上で重要な要素になるのです。

では一般的なインターネット査定を見てみましょう。

  1. 都道府県などの住所を記入⇒不動産には地域差がはっきり出てきますので、その町の何処かという立地条件が大きく値段を左右します。
  2. 建物面積・間取り・築年数など⇒この3つは物件価格を決定する上で重要な要素となります。

しかしあくまでも簡易的な査定のため、軽く相場を調べる程度に活用するといいか知れません。

実際の価格を出すときには訪問査定で査定をして、物件・土地・周辺環境・近隣相場・同一建物内の競合などさまざまな条件を分析したのちではないと正しい査定価格を出すことはできないのです。

現場でしかわからないことも多いため、現地に出かけるケースが多くなるのです。

査定の評価が高いマンション

ではどういったマンションが査定を行ううえでポイントが高くなるのでしょうか?ここでは立地・間取り・築年数以外で考えてみたいとおもいます。

例えばマンションの管理状況がよく、共有空間・施設が充実しているマンションは評価が高いです。

ただしこういったマンションは維持管理費が高い場合もあるため必ずしも全面的にプラスにならない場合もあります。

また修繕積立がきちんとされていて、マンションの修繕をしっかりと行っているマンションも高評価となります。

仮に多少古い物件であっても建物自体の状態がよい場合はプラス査定になります。

セキュリティがしっかりしている物件も評価が高くなります。管理人・オートロック・監視カメラなどの設置状況がチェックされます。

査定が高くなるポイントに注目すると、実はある共通点に気付くと思います。

それはこういったマンションだったらいいなと購入意欲がわく設備、管理、運営を行ってるマンションなのです。

そしてもっとも確実にマンション売却時に高査定をもらう方法は、マンション購入時にこうしたポイントを兼ね備えたマンションを購入することなのです。

住まいサーフィンでは、新築・中古の価格情報・評価を無料で公開!

◯マンションの適正価格を知りたい!

◯モデルルームに行かなくても価格表を見たい!

◯客観的なマンション評価を知りたい!

◯中古マンションの売却相場を知りたい!

不動産価格

関連記事

ページ上部へ戻る