記事の詳細

クリアすべき問題点

不動産営業

マンションを売りに出したが、反応も内覧希望もあるけども、内覧で止まってしまって契約に至らないケースがあります。

この場合、契約に至らないいくつかの問題点が考えられます。

まず内覧者の立場からすれば、マンション自体に興味があるため物件を見に来ているのですから、物件自体の魅力はしっかり伝わっているはずです。

しかし最後の購入の決定に踏み切れないのは、販売価格、室内の状況、不動産会社の対応などに問題があるのではないでしょうか?

販売価格に問題

まずは販売価格に問題がある場合について検証してみましょう。

内覧でとまってしまう買主は、販売価格と購入予算に大きな開きはないことが予想されます。

あまりに予算と開きがある場合はそのマンション自体が購入対象になることはなく、内覧を申し込むケースは稀なためです。こうした買主のほとんどのケースで、値引き交渉が行われます。

ここで売主が値引きに応じれば売買成立にむけて進んでいけるのですが、値引き交渉に応じない場合はここで取引は終了してしまいます。

こういった場合は物件や買主に問題はなく、売主の都合が原因となるため深刻な問題にはなりません。

そのまま販売価格を変えずにもう暫く様子をみるか、不動産会社といい関係を築いて継続して広告をうってもらい、希望価格で購入してくれる買主をさらに呼び込むことが望ましいでしょう。

ただし様子を見るにも一定の期間を設けて状況が変わらないようであれば、値引き交渉を検討する必要があることを覚悟しておきましょう。

またマンション自体の販売価格には納得してはいるが、管理費や修繕積み立て費が高いので売れないという場合もあります。

この場合は内覧に来たときに、室内、共有スペースなどを案内して管理費などが高い理由をしっかり説明することが重要になります。

修繕積み立て費用に関しても修繕履歴、大規模修繕の計画などの資料を準備して買主が納得できる準備をしておくと良いでしょう。

不動産会社に問題

もう一つの理由に、不動産会社の営業姿勢に問題がある場合です。

内覧者はお客様であり、誠実な対応をすることが基本ですが、説明する営業マンが不親切だったり、高圧的な対応だったりすると当然印象が悪いのでマンションを売却することができなくなってしまいます。

内覧予定日を相手の都合で調整できない、内覧に来てくれたのに説明が不十分だったりすれば、購入希望者の不安が先に立ち敬遠されてしまうのは当然のことです。

また営業マンによっては、あなたのマンションを当て馬にしているケースもあります。

当て馬とは、他のマンションを売却したい場合に人気の物件であつまった内覧希望者を他の物件に振り替えるなどの営業をすることを言います。

こういった不誠実な不動産会社も稀にあるため、あまりにも売買の話が進まない場合は、取引を中止して新たな不動産会社に乗り換えることも視野に入れましょう。

室内を清潔に

居住中のマンションの場合、日常生活を送っている中に内覧者がくることになります。

この場合は家が散らかっている、においが気になるなど日常生活で当たり前のことが、内覧者とっては大きなデメリットになりかねません。

通常の掃除はもちろん、特にキッチン・浴室などの水周りは念入りに掃除をして清潔にしておく必要があります。

またペットがいる場合は、事前に不動産会社の担当と内覧者が動物にアレルギーがないかなどの確認を取りあい対策をとる配慮も大切です。

マンション自体は気に入っても、他のちょっとした何かが問題で売買成立まで至らないことがありますので、配慮できることは全部行うつもりで準備することが大切です。

住まいサーフィンでは、新築・中古の価格情報・評価を無料で公開!

◯マンションの適正価格を知りたい!

◯モデルルームに行かなくても価格表を見たい!

◯客観的なマンション評価を知りたい!

◯中古マンションの売却相場を知りたい!

不動産価格

関連記事

ページ上部へ戻る