記事の詳細

資産価値の低下

査定額

せっかく購入したマンションでも、状況により早く手放した方がいい場合があります。

この場合、早期の対応が重要となり、早く売却できればそれなりの価格で売却できることもありますし、精神的プレッシャーからもも解消されます。

このページでは売却を急いだ方が損失を減少できるマンションの特徴について考察していきます。

まず都市開発の流れに乗っていない地域のマンションは早期の売却を考えた方がいいかもしれません。

周辺の状況は時代とともにどんどん変化していき、都市部では道路1本、駅一つの増減でその魅力は大きく変っていってしまいます。

購入した時は、人気の場所で生活環境に満足できていた場所でも、商業地域の移転などで町の中心が大きく変ってしまうと、持っているマンションの資産価値に大きな影響をあたることになります。

大手スーパーの撤退や商店街の過疎化などの気配を感じたならば、早めに移転計画や販売計画を立てて違うマンションに移り住むのもいいかもしれません。

マンションの販売価格の変動

マンションが有利に売却できる築年数に近づいているマンションは早めに手放した方がいいといわれています。

分譲マンションの場合では、地域によって異なりますが築5年までは15~20%程度落ち、10年経過で25%程度、20年経過で40%程度、30年経過で60%程度まで落ちてしまう場合が一般的です。

そして5年を越えたあたりから下落率が高くなるため、マンションの売却はこの時期を目安に行うといいでしょう。

最近の傾向でいえば、マンションが建築された時期や地域にによって異なりますが、特に東京都心のマンションではここまでの下落率になっていない場合も多々あります。

これは資産価値があがる立地条件に建てられるマンションのため例外といえます。

家族構成の変化

子どもが増えたとか子どもが結婚して家を出たなどの場合、自分の生活環境にマンションがマッチしていない場合があります。

現状のマンションよりもっと自分たちのライフスタイルに合う場所が必要だと感じているなら、早い内に売却の計画を立てるのもいい手なのです。

特に同居する人数が減少する場合は、次に移り住む住居は現在よりも手狭でいい場合が想定できますので、最近話題のコンパクトマンションへの買い替えもいい案といえます。

早めに売却することで高値で取引する可能性があがるため、このコンパクトマンション購入の資金がほとんどまかなえてします場合もあるからです。

将来のマンション運営に不安

管理費や修繕積立計画に納得ができないマンションは将来に不安が残ります。こういったマンションも早期売却を考えた方がいい対象になります。

たとえば維持管理費用が安い場合、定期的なマンションのメンテナンス不足や管理不足などによりマンション本体に問題が起きてくる可能性もあります。また積立費用が不足した場合に別途費用を支払うことにもなりかねないのです。

反対に現在の家計を圧迫するような管理費や修繕積立費用が高いマンションも売却を件とする対象になります。

仮にこの費用を滞納した場合、マンションを売却する際のデメリットとなるだけではなく、競売にかけらることもあります。こうなると通常で売買するような金額での取引ができなくなるため、結果的に大きな損失につながるのです。

また世帯数の多い大規模マンションも早期売却を検討した方がいい場合があります。

コミュニティなどが充実しているため人気は高いのですが、年数が経ち居住する家族構成が変わると売り出されるマンションが一気に増え、価格競争がはじまってしまいます。

こうなると当然自分のマンションも希望する金額どころか、相場以下でしか売れなくなってしまうことがあるのです。

この場合は人よりも先に販売計画を立てて、まわり売却状況を観察し、スムーズなマンション売却ができるように、準備をしておくことが重要となります。

周辺相場や適正価格を把握し、客観的な不動産の自己評価をしておくとを良いでしょう。

住まいサーフィンでは、新築・中古の価格情報・評価を無料で公開!

◯マンションの適正価格を知りたい!

◯モデルルームに行かなくても価格表を見たい!

◯客観的なマンション評価を知りたい!

◯中古マンションの売却相場を知りたい!

不動産価格

関連記事

ページ上部へ戻る