記事の詳細

得意・不得意を判断。

マンションが売れない時の対策として、不動産会社を変えることも有効な手段の一つになります。

一般的にはマンションを売却する時に不動産会社と契約をするのですが、その際の契約には3つの種類があります。専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約があります。

この契約の種類によって不動産会社の販売に対する熱意も変わることもあります。そして次に新しい不動産会社を探すことが重要になりますが、どういった不動産会社に変更すればよいのでしょうか?

不動産会社には得意・不得意とする分野があります。

これはその不動産会社が力を入れている・入れていない事業と言い換えることができます。

つまり依頼している不動産会社がマンション販売に力を入れていない場合、効果的な広告や営業を行えていないこともありえるのです。

契約した不動産会社が扱う物件の中に、マンション販売の取り扱いが少なければ、得意ではない(注力していない)と判断できますので、マンションの売却を依頼するには不向きなケースと考えられます。

こういった会社の傾向は、店舗の告知や広告、インターネットのホームページを観察することである程度見抜くことができますので契約前には必ずチェックしておきましょう。

時には不動産会社の規模も

物件によっては不動産会社の規模も重要になってきます。地域密着型の小規模の不動産会社の場合、おしなべて賃貸物件が得意な会社が多いのです。

金額の高いマンションを販売するには、やはり購買層が重要となりますので広告の仕方や営業をかける人たちも選別や工夫が必要になってきます。

現代はインターネット時代ため、ネットの口コミなども重要となり、ITが得意か得意でないかも大切な要因になります。

不動産会社とのやり取りが電話とファックスがメインで、メールが得意でないという場合、連絡を取り合うだけで負担になる場合があります。

さらには連絡がとれないことで、買主を逃してしまうこともありえるのです。依頼していた不動産会社が地域密着型の店舗の場合で効果で出ない場合は、大手不動産会社に変えてみるのもひとつの方法なのです。

契約の解除の注意点

不動産会社を変更する場合、違うタイプの不動産会社を選ぶと効果が出る場合があります。

同じようなタイプの不動産会社の場合、手法も顧客リストも似通ってきますので変更するのであれば、違うタイプの不動産会社にすることで顧客の種類も購買層も大きく変ってくる可能性があります。

また変更したメリットを十分生かせる可能性も大きくなります。

今まで地域密着型の不動産会社だったら、大手の会社にしたり、今まで大手に頼んでいたけど、中堅どころの会社を選ぶなど、不動産会社を変えるというのは購買層や顧客リストを変えると同じ事ですのでお勧めします。

不動産会社を変える場合、締結した契約の解除を行う必要あります。

契約途中であっても契約を解除することは可能ですが、注意すべき点があります。それは契約期間の満了にあわせて契約を解除することです。

そうすることで不動産会社とトラブルなく契約の解除を行うことができますのでお勧めします。

仮に契約期間中に契約の解除をした場合、契約締結から契約解除までに不動産会社が費やした宣伝費用を請求される場合もあります。

この費用については実際請求されることはまれなのですが、請求された場合は支払い義務は発生しますのでご注意下さい。

また契約途中で解除する場合はその旨を書面に作成して郵送で行うことで後々のトラブルを回避できるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る