マンション売却

マンションを売却する理由はさまざまでも、マンションを高く売却する方法は限られています。さらに売主の状況によりその方法は限定されていきます。
しかしその方法は特別なものではなく、少しの情報を知識として身につけるだけのものなのです。そのちょっとした差が売却価格に大きな影響を与えることもありますので、知っておいて損はありません。

マンションを売却するにはまず、いくつかの準備が必要です。まずマンションの価格を判断する上でも必要なマンションに関する資料です。具体的には下記にある通りです。
特にマンション査定を依頼する場合にもこれらの資料が必要となりますので、不足無く準備しておきましょう。

ポイント

  1. マンション購入時の図面・パンフレット・その他資料
  2. 売買契約書・重要説明事項など契約に関わる書類
  3. 固定資産税・都市計画税納付書
  4. 管理費・修繕積立金の毎月の金額
  5. 住宅ローン(残高など)関連

査定額を参考に

マンションの査定額がでました。一括査定を活用したので数社からの査定です。
あなたはどこの不動産会社を選択しますか?「一番高い査定をした不動産会社ですか?」「それともやる気が感じられる不動産会社」ですか?ここで選択を誤ると色々なことに影響が出てきてしまうのです。特に気をつけなくてはならないポイントとして「査定額だけでは判断できない」ということです。
さらにマンションを売却する時期も同時に考えておく必要があります。まずはもっとも移動が多い時期である1月から3月、次に9月~11月は不動産の需要があがるため売主に有利な期間となります。

ポイント

マンションの販売価格は非常に重要です。適性な価格が設定されていない場合、売れ残りのリスクだけではなく余計な値引きを強いられる状況にもなり兼ねないのです。
マンション販売価格は査定額・相場・販売希望額をもとに、マンション売却を得意とする不動産会社のやる気のある営業マンと相談して決定することが大切なのです。
そして閑散期を避けた販売計画を立てることで、より多くの買主を対象にマンション売却を行うことが重要です。

不動産会社が決定したら

不動産会社が決定したら、媒介契約を結びます。この媒介契約には3種類ありますが、査定のやり取りでここがいいって決めた営業がいるのであれば、専任契約を締結するのもいい手と言えます。なお複数社に依頼したい場合は一般媒介契約を締結します。

ポイント

実際ところ、多くの買主はインターネット経由でマンションの情報を収集します。専任契約・一般媒介契約どちらの契約を結んでも、物件自体は同じような媒体に掲載されます。ここでは大きな差はないのが実情です。
ではどこで差がでるのか?それは担当営業の力によるところが大きいです。問合せがあった場合の対応、内覧のスケジューリング、値下げ交渉、買主への的確なアドバイスなどは担当によりかなりの力量差があるため、同じマンションを売却するのでも、交渉を有利にすすめことができるかどうかは担当にかかっているいると言えます。つまりこういった担当を見けることができるのであれば専任契約を結ぶ価値があるのです。

マンション売却スタート

相場・査定価格・希望価格から販売価格を決定します。この際に営業担当に相談して価格を決定するといいでしょう。そして売り出しスタートになります。
内覧の申込みに備えて、しっかりと室内の整理整頓を行っておきましょう。室内の印象は買主の購買の決断に大きく影響しますので、できる限り不要なものは処分して、年末の大掃除をするくらいのつもりでしっかりと清掃を行っておきましょう。

そして内覧日前日から部屋の匂い対策を行っておく必要があります。しっかり換気を行い、部屋に嫌な匂いが残らないように配慮しましょう。内覧日当日はもちろん、前日から対策を行うことで効果も変わってきます。
またペットのいるマンションでは、内覧希望者にあらかじめペットについて確認をしておく配慮が必要です。仮に動物が嫌いな方でしたら、内覧中は外に連れ出すか誰かに預けるなりしましょう。

マンション売却スタート

購入希望者も見つかり買い付け証明ももらいました。ここで値引き交渉があった場合はどうでしょうか?あらかじめ値引き分を想定した販売価格であれば、その金額までの値引きは問題ないでしょう。
それ以上の値引きを求められた場合は、その場で即答する必要はありませんので一旦保留して後日回答するようにしましょう。他の買主がいるのであれば全員の希望購入額額を確認してからで問題ありません。

ポイント

資産価値が見込めるマンションであれば、購入者はたいていの場合見つかります。そのため無理な値下げには応じる必要は無いのです。問合せがまったくない場合は、根本的に販売価格を見直す必要があります。値下げするにも良いパターン・悪いパターンがありますので、しっかりと戦略を練る必要があります。

マンション売却

  • 価格査定マニュアルによる中古マンションの査定

    不動産流通推進センターの中古マンションの査定 不動産流通推進センターの価格査定マニュアルを利用した中古マンションの査定は、どのような方法で金額が算出されるのでしょうか。まず不動産流通推進センターの中古マンションの査定の概要についてですが、事例比較方式と呼ばれる方法を用い…

  • マンションの内覧を成功させるポイント

    内覧するということは? マンションを売却する際に、内覧希望者がいるということはそのマンションが売れる可能性があることを示唆しています。 ただし内覧希望は多いが、なかなか売買成立に至らないといったケースもあります。こういった場合、内覧を行って気に入らない何かしらの理由があったこ…

  • 値引きを考慮した販売価格でマンション売却

    値引き額を想定 マンションの売却額の設定は簡単ではありません。 ではどうしてもこの金額以下では売れないといった状況の方は、どのような価格設定を行えばよいのでしょうか? まずはじめにマンションを売却する金額を設定するときに、マンション購入希望者から値下げの交渉があった場合の事…

  • マンションが売れない「不動産会社を変更」

    得意・不得意を判断。 マンションが売れない時の対策として、不動産会社を変えることも有効な手段の一つになります。 一般的にはマンションを売却する時に不動産会社と契約をするのですが、その際の契約には3つの種類があります。専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約があります。 …

  • 良い査定をもらえるマンションの特徴

    マンション査定とは? マンションを売却する時に、不動産会社が行う査定により販売価格の指針が決まり、高評価のマンションなどは希望する販売価格よりも高く設定されこともあります。 マンションを高く売却する上で、この不動産会社が行う査定のポイントが重要となるのです。 もちろんこの査…

  • マンションを高く売るための値下げ

    物件の再調査 マンションを売却する際、売れない場合は値下げしなくてはならない時があります。 しかし闇雲に値下げをしても効果があるわけではありません。それどころか無駄に値下げをした分、大きな損失を出してしますこともあるのです。 値引きをする際には「値下げをする時期」と「値下げ…

  • こんなマンションは早く売ってしまおう

    資産価値の低下せっかく購入したマンションでも、状況により早く手放した方がいい場合があります。 この場合、早期の対応が重要となり、早く売却できればそれなりの価格で売却できることもありますし、精神的プレッシャーからもも解消されます。 このページでは売却を急いだ方が…

  • 内覧までの売れないマンション

    クリアすべき問題点マンションを売りに出したが、反応も内覧希望もあるけども、内覧で止まってしまって契約に至らないケースがあります。 この場合、契約に至らないいくつかの問題点が考えられます。 まず内覧者の立場からすれば、マンション自体に興味があるため物件を見に来て…

  • 売れないマンションを売るには?

    マンションが売れないマンションを売りに出したがまったく売れる気配もなく、内覧希望者さえもいない・・・。これはかなり深刻なケースです。 こういったケースに陥った場合に、考えなければならない対策が3つあります。 まず内覧とはマンションを購入したいと思って実際に物件…

  • 安易な値下げはマンションの資産価値を下げる

    値下げには準備が必要マンションを売り出してもなかなか買い手が現れない時、一番効果を発揮するのが価格の値下げです。 しかしこの値下げは、売り主がしっかりと納得をした上でおこなわないと、後で大きな後悔につながることになり兼ねません。 当然、売り主には資金計画(ロー…

ページ上部へ戻る