記事の詳細

不動産の売却を考えるときに、確実にそして安全に売るために不動産買取を検討する場面があるかもしれません。

特に最近は、不動産業者による買取が急激に増加しています。

インターネットなどで調べると、不動産の買取を専門にした業者がたくさんヒットします。

不動産買取をしてくれる業者は、自社でのリフォームやリノベーションを想定しるため、設備が傷んでいたり雨漏りなどがあるような物件でも買い取ってくれる場合があります。

こういった面は、売り主にとってはメリットが大きいように思えます。

しかし不動産買取を利用する時に、気をつけなくてはならないデメリットがあります。

ではどんな点に気をつけなければいけないのでしょうか?

言い値は安値?

不動産買取を選択すると、不動産会社が主導になり、買取の価格は業者の言い値に近い価格になってしまいます。

もちろん買い取りをする不動産会社は、買い取った不動産を再び利益が出るように売らなければなりませんので、損をするような値段で買い取ることは絶対にしません。

買取の場合の価格は、市場価格の六割から七割程度に設定されているのが一般的です。

例えば一般に不動産会社が仲介を行い個人に売る場合に4000万円で売れるとします。

しかし不動産買取にすると2800万円から3000万円程度の金額になってしまうのです。

しかしこれほど買取価格が安くなってしまうのには理由があるのです。

それは買取りをした不動産会社は多くの費用を負担しなければならないのです。

まず不動産の名義移転の登記費用がかかります。そして業者が不動産を保有している間に税金がかかります。また買取資金を銀行から調達するのであれば金利やローン手数料などがかかるのです。

再販するための広告費や営業を行っていく人件費などの経費がさらにかかりますし、物件に付加価値をつけるためのリフォームや、古くなったキッチンや浴室などの設備の交換にもかなりの資金を費やさなければいけないのです。

これほどの費用を不動産会社が負担しなくてはいけないわけですから、買取金額が個人間の売買の場合よりも低くなってしまう理由なのです。

このように売主にとって売却価格が低くなってしまうというデメリットは買取では避けては通れません。

注意したい不動産会社とは

不動産会社によっては、不動産売却の相談を持ちかけたその時から売れなかった場合の買取制度を説明して、積極的に買取をプッシュしてくる不動産会社もあります。

当然、不動産会社にとっても仲介で売却するよりも買い取りをして自社物件として売却したほうが利益が大きくなるため、なんとか仲介より買取で話を進めようとするわけです。

これ自体は問題はないのですが、買取をするために一般に売れないように売却金額を高く設定してしまうケースは注意が必要です。

売り主の状況によっては買取がベストなケースも多々ありますが、売却額が下がる理由を考慮すると安易に不動産買取を選択する前に、売り方や売る時期、価格設定などをしっかり認識する必要があります。

売却プランを見直して、仲介による売却ができるかどうかを検討し、不動産会社に相談してみるのも良いでしょう。

場合によっては相場に近い価格で不動産を売却することができるかもしれません。

【スマイスター】不動産売却 一括無料申込

不動産売却

関連記事

ページ上部へ戻る