記事の詳細

簡易査定(机上査定)のメリット

不動産の売却では、不動産業者から物件の査定を受ける際に簡易査定(机上査定)と詳細査定(訪問査定)の双方があるのですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

まず簡易査定(机上査定)とは、売却を予定している周辺でどのような取引事例があるかや、毎年公表されている公示価格などの情報に基づいて算出する方法で、机上査定の名の通り査定担当者が物件を直接確認することはありません。

こちらの査定を利用した場合のメリットとしては、概算のおよその価格を手早く把握することができ、売却希望物件の情報を提出するだけで不動産業者のもとに出向く事なく、素早く査定額を算出して貰うことができます。

申し込みでは物件情報を入力するだけの作業に留まり、早ければその日のうちに査定額が判明する場合もあるスピードの速さが特徴です。

簡易査定(机上査定)のデメリット

その一方でデメリットとしては、簡易査定だけ行うのではその物件特有の事情が反映された査定になりませんので、売り出し価格が決定しても物件の本来の価値とはかけ離れる事があります。

例えば物件の日当たりなどは現地に訪れなければ分からない一方で、日当たりについてはこだわりを持つ購入者の方も多いため、価格と照らし合わせて購入に結びつかない事もあるのです。

それ以外にも周辺環境や隣人などについても全く分からないままでの査定ですので、簡易のみ行う場合は実態よりも高額な売り出し価格になりやすい事情があります。

詳細査定(訪問査定)のメリット

また詳細査定(訪問査定)とは、売却を依頼した不動産業者が実際に物件に訪問して、それぞれの個別事情を細かく確認した上で査定を行なう方法になり、この点に簡易の査定とは大きな違いがあります。

まず詳細査定を行う場合のメリットについてですが、実際に査定担当者が現場に訪れますので物件の実態の即した査定額が付けられます。

そのため物件の本来の価値に見合った売り出し価格になりやすく、売却に結びつきやすい事がポイントとして挙げられます。

詳細査定(訪問査定)のデメリット

その一方で訪問査定のデメリットとして挙げられるのは、査定担当者が訪問する日を設定することになり、ご自身の立会いも必要ですので日付け合わせを行う必要があります。

そのためすぐにとは行かず約束するにはやや時間を要する事になり、さらには物件ごとに綿密に調べる事になりますので、現地の訪問を終えた後も結果が出るまでには最低でもおよそ1週間程度の時間が掛かります。

売り出し価格を知ることができるまでにはそれなりの時間を有する事になり、こうした点で不都合が生じることもあるのです。

【スマイスター】不動産売却 一括無料申込

不動産売却

関連記事

ページ上部へ戻る