記事の詳細

サブリースとは?

テレビなどでも時々目にする「30年一括借上」などのCMで話題となってるサブリース(家賃保証)とはどんなサービスかご存知でしょうか?

「家賃保証」という呼び方からもわかる通り、家賃の収入を保障してくれる制度です。

アパートやマンションは経年劣化することで物件自体の魅力が下がっていくため、家賃は低下し、入居率も下がっていきます。

しかし家賃保証の制度では、大家さんと入居者との間にサブリース会社が仲介することで大家さんに一定の収入を約束してくれるというものです。

家賃保証の内容

一般的な保証される相場は8割から9割程度なので、入居率が満杯となっている場合は損失ばかりとなりますが、入居率が半分程度の状態が長く続いた場合はかえって儲かることになります。

業者によっては30年間もの期間、全部屋を保障するとも謳っているため、アパートやマンション経営者にとってはとても美味しい話とも言えるのです。

賃貸物件の契約そのものは、間に入ったサブリース会社が行ってくれるため、アパートの管理の手間が軽くなります。そして物件の賃料は上がったり下がったりするため、大家さんはさまざまな対策を講じなければなりません。

これらが大きな負担となるのがアパートやマンション経営であるので、これらをそのままサブリース会社に任せられるのが、家賃保証のサービスです。

家賃収入が変動するものから固定されるものとなるため、アパートローンの返済計画も立てやすくなります。

何よりも管理が簡単になるために、近年で増えている相続税対策のために広大な土地を利用したアパートやマンション経営に乗り出す方にとって、とても有利な選択だといえるものです。

デメリット

一方でデメリットも少なくはありません。

一括借上の条件として、サブリース会社が指定した建物を建設しなければならない、というものがあります。そのための費用はもちろんオーナー持ちとなるため、建設費用に対してあまり介入することが出来なくなります。

同じく建物の管理についても、サブリース会社が主導権を握ることになり、指定された様式に従うことになります。

そして一括借上という条件がある一方で、その賃料はずっと一定ではなく、数年ごとの見直しを行えるよう契約書にて示しています。

現在は人口減少が進むなかで、賃貸物件の空室率は年々増加しているのでサブリース会社も当初ほどの利益を上げられていない背景があります。

サブリース会社との契約にはメリットだけでなく、デメリットもあり得るのでしっかり確認の上、利用するかどうかを検討しましょう。

入居希望者多数のため、無料掲載して頂ける賃貸オーナー様を大募集中!

もう無駄な広告費を払いたくない賃貸オーナー必見のウチコミ!

関連記事

ページ上部へ戻る