東京に人気は集中

これから不動産投資を行おうと考えているのなら、東京都の不動産物件というのは第一候補にくるものだと考えて良いでしょう。不

動産投資を行うのなら東京都と言われるほどであり、人気が集中しています。

ここでは東京都で不動産投資を行うメリットとデメリットを考えてみましょう。




東京のメリット

まずメリットとしては不動産投資で考えられるリスクを回避できる点が多いことです。

日本全国で人口の減少が叫ばれている中、安定して住人が増えているのが東京都になります。日本の首都であるだけに多くの人が住んでいるだけに、インフラそのものが地方とは比較するまでもなく整っています。

公共交通機関も発達しており、都市としての利便性の高さは追随をゆるさないものがあります。

また都市そのものの規模も非常に大きいのが特徴で、他の都市であれば1つや2つしかないような商業地域がいくつも連なっているのが東京都です。

これらを考慮すると、人口減少、利便性といったネガティブな要素は東京都の不動産物件には当てはまらないケースが多いと言えます。

ちなみに不動産投資を行う上で気になる空室率ですが、23区の平均が11.89%、墨田区・江東区・中野区では10%を切るほどだと考えてください(HOME’S不動産投資のデータより)。

つまり多くの物件で空室が少ない状態で入居者を確保できていることになるので、ここでも不動産投資のリスクを1つ潰すことができるでしょう。

特に春前のシーズンになると、進学や就職といったことで、毎年のように人が増えていきますので、今後についても大きなリスクを抱える心配がありません。

東京都の場合、物件そのものの価格が高くなるといったデメリットはあるのですが、その分回収できる環境が揃っているので、リスクをかなり軽減できるのです。

2人に1人が大家さん。大家さんになる前に・・・

効率よく不動産投資の知識を身につるなら『ファイナンシャルアカデミー』



ファイナンシャルアカデミー

東京のデメリット

では、反対に東京都の不動産投資を行う上でのデメリットを考えてみます。まず最も大きなデメリットとしては上でも少し触れた物件価格が高いことです。

不動産物件の価格を地方と比較すると、言うまでもなく東京都に軍配があがります。

物件価格が高い分、不動産投資を行うにしても多くの資金を必要とすることになるため、中には不動産投資ローンを組んでも購入資金に足りないというケースもでてきます。

また物件価格が高くなることで利回りについても減少してしまいがちですが、それでも空室率の高い地方と比較した場合、実質的な収益は東京の物件に軍配が上がります。

もう1つ東京都で不動産投資を行うデメリットは競合する相手(物件)が多い点でしょう。

物件数が多く、投資先として人気が集中している東京都では、ライバルとなる競合相手がたくさんいます。

ですので優良な物件を手に入れることができたとしても、そこから入居者を集めるための方策を考えていく必要があるのです。

無策のままでは競合相手に負けてしまう可能性があるので、その点はニーズを把握した上で適切な判断を行わなければいけません。

東京都で行う不動産投資はエリアの選定がさらに重要なります。東京の空室率は全国平均と比較した場合、かなり低いのが特徴です。

しかりエリアによっては非常に高い空室率になっているエリアもあるのです。なお千代田区・目黒区・中央区・荒川区は空室率が20%を超えています。



東京都の不動産投資を分析

  • 「台東区」の不動産投資を分析

    投資物件を購入する前に、投資対象エリアの調査を行うことは投資の成功をうらなう上で外せない行動になります。 そのため今回ご紹介する「台東区」について、人口、地価、交通などを中心に調査しましたので、投資エリアとしてふさわしい地域かどうかの判断基準として使える情報があれば活用下さい。…

  • 「新宿区」の不動産投資を分析

    不動産投資を行なうのあれば、まずは投資エリアのことを知る必要があります。 そのため、今回ご紹介する投資エリア「新宿区」について調査した結果を下記にまとめましたので、投資の選択基準の参考となる情報があれば活用下さい。 新宿区は副都心に位置し、歓楽街の顔をもつ新宿は、新宿駅の西口…

  • 「東京都港区」の不動産投資を分析

    東京23区の主要3区として、ビジネス及び住居の観点の両方で主要3区に入っているのが東京都港区です。 そんな港区はさまざまな分野でNO.1になっています。 まずビジネスでみると、六本木・虎ノ門・新橋・田町・品川など東京最大のビジネス街を有し、昼間の人口(877,138人)及び事…

  • 「東京都中央区」の不動産投資を分析

    東京都中央区と言えば、銀座、築地、日本橋、月島、八重洲などビジネスや観光、ショッピング、食、芸術など数多くのコンテンツを有する地域として、たくさんの人が集まるイメージをお持ちではないでしょうか? まさにその通りで、昼夜間人口比率は千代田区に次ぐ2位で、昼の人口は約60万人とされ…

  • 「千代田区」の不動産投資を分析

    皇居、国会議事堂、東京駅がある千代田区は、意外なことに23区内でもっとも人口及び人口密度が少ない区となります。 東京駅周辺には丸の内、大手町といったビジネス街、霞が関と永田町という政治・行政を司る街、外国人観光客にも大人気の秋葉原、国立劇場など人が多く集まるイメージがある都市に…

  • 「中野区」の不動産投資を分析

    中野区は、人気路線の中央線で中野駅から新宿駅まで5分程度、東京駅まで18分程度という抜群のアクセスの良さをほこり、23区内で3番目に人口密度の高い住居エリアとしても非常に人気の高い地域です。 また南北に大規模な商店街、明治大学と平成帝京大学のキャンパス、そして知る人ぞ知る中野ブ…

  • 「文京区」の不動産投資を分析

    東京大学を有する文京区は教育の街として有名ですが、東京ドームや後楽園などの商業施設、湯島天神や根津神社など歴史的建物や小石川植物園など魅力的な観光スポットも多く存在します。 また山手線内にある文京区はどこにいくにも非常にアクセスが良く、例えば東京駅、新宿駅まで15分程度という非…

  • 「板橋区」の不動産投資を分析

    少子高齢化、人口減少、空室問題など、現在の環境は不動産投資にとって大きな向かい風とも考えれます。 そしてこれら人口問題は、国として早急に対応すべき課題と言えるでしょう。 とは言え、東京都に関してはまだ深刻な人口問題に直面していると言えないようにも感じられていました。 しかし…

  • 「江東区」の不動産投資を分析

    「江東区」は不動産投資に適した地域か? 東京都内での不動産投資をお考えての方を対象に、今回は「江東区」の不動産投資を分析していきたいと思います。 調査内容としては江東区の地域の特性、将来人口推移、地価の動向、賃貸需要などとなります。 これらの情報は投資エリアを選定する上で最…

ページ上部へ戻る