記事の詳細

不動産投資は難しい?

誰もが不動産投資をするのならば「安定的、確実に儲けることができる投資先があればいいな」と思っていると思います。

しかし、現実問題としてこのような条件を満たした物件はなかなか存在しないため、不動産投資は難しいとみなさんはお嘆きになっているのだと思います。

しかし、私からみればこの考え方は論理的ではないと思います。単純に利益を出せる不動産物件に投資をしていないから、難しく思えるだけの話なのではないでしょうか?

不動産の需要とは?

私の考えとして、「不動産の需要というのは基本的には人口の増加に比例ないしは分布をする」と考えがあります。

日本は少子高齢化なのですから当然、人口は減ります。人口が減れば生産人口が減るということになります。そして消費が減るのです。そのため、新しい家に住みたいと思っても、収入がそれを許さない状態になっていくと考えるのが普通の考えになります。

つまり、人口が増える見込みのない地域に投資をするのは、そもそも間違った考えであり、そこに投資をして損失を被ったとしてもそれは自業自得というよりも何も考えていない証左です。

現在の価格のメカニズム論で一番はっきりと証左されている事項というのは、人口が増えれば不動産の需要は増えるという当たり前の理屈しか証明はされていません。

大都市圏が大前提?

つまり安定的、かつ確実な投資を行いたいのであれば都心部や大阪、名古屋、福岡等の大都市圏の物件を買うことが当たり前のことになっています。

これが基本であり、そのほかにも価格メカニズムにおいては安定的に上昇するという事項もありますが、誰しもが理解できそして納得できる価格というのは、人口が増えれば価格が上昇するということなのです。

問題点

しかし、人口が増えても消費が減っているようであれば不動産価格は上昇しません。つまり、人々の可処分所得が上昇しないことには不動産価格が上昇しないのは当たり前のことです。

日本の場合、政府は必至にサラリーマン等の勤労所得者の所得金額は増えていると強弁をしています。しかしそれは大企業に勤める勤労者のことを指しているのであって大部分の勤労者所得は減っているか安定的という現状になります。

つまり所得が減っているのに、大きな利回りで不動産投資を期待しても無理という結論にはなるのが賢い人の判断になります。ですから、都市部の中でも勤労所得が減っている地域に一生懸命、不動産投資をしても無駄ということになりかねないのです。

もう一歩踏み込んだ調査

東京都であればどこの地域の所得が多いか少ないかはみなさんよく調べれられるのですが、その増減に関してはノータッチという人を多く見かけるのは非常に残念だなと思うのです。

たとえば港区などは誰がみても所得は高いと思いますし、住んでいる人も高所得者の方が多いと思います。しかし、その増減傾向をみたときに将来の利回りも想定できると思います。

こういう情報は役所や税務署で掲示している場合もありますが、こういうものは不動産管理会社等がよくもっているというのが実感になります。興味のある方は調査してみてください。

安定的な不動産投資

安定的な不動産投資というのは確かに存在する」といえば、みなさんは信じるでしょうか?おそらく長い間投資に関わっている人間であれば信用はしないと思います。しかし、それは存在をします

実は日本国内で考えた場合は、その可能性はかなり低いのですが、海外に目を向けるとどうでしょうか?

中国と予想される方は多いと思いますが、中国は基本的には共産主義国家ですので、私有財産を認めません。つまり、自分の土地と思って運用していてもある日突然、役人がきてこの土地は国有地と宣言されたらもう泣き寝入りをするほかありません。ですから香港やシンガポール、台湾などの中華圏の国々は間違っても投資はしてはいけないと個人的には思っています。

ではどこが適しているのか?それは中華思想に当てはまらない国家の不動産を買うべきでなのです。今、アジアは工業化が爆発的に進んでいます。歴史的に工業化が進んだ国は人口が増えますし、所得も2倍、3倍など当たり前です。

日本や中国の工業化が進んだときにはどうなったかを思いだしていただければわかりやすいと思います。

また世界の最貧国、最貧地域というのはみなさんアフリカというイメージが強いのですが、実はアジアが最も、今現在でも所得の低い地域なのです。

これからミャンマーも仲間入りをして工業化がなお一層進みます。人口、所得の問題をクリアしている国は海外のほうより多くあるのです。

見るべきとろこは一緒?

いきなり海外不動産投資はハードルは高いでしょうが、投資する理由を考察するにはともて参考になります。海外不動産に投資する理由と日本で不動産投資する理由を重ねることができれば、より精度の高い分析を行うことができるのではないでしょうか?

安定的、確実に儲けることができる投資先」を見つけることに繋がるのではないでしょうか?

関連記事

ページ上部へ戻る