記事の詳細

「和光市」は不動産投資に適した地域か?

を判断するために、和光市の地域の特性、将来人口推移、地価の動向、賃貸需要などの調査を行いました。

これらの情報は投資エリアを選定する上で最低限調査すべきものとなりますので、投資先を選定する上で参考になる情報が御座いましたら活用下さい。

では和光市の概要、特性から見ていきましょう。

和光市の概要、特性

ではまずはじめに、不動産投資におけるもっとも大きなリスクのひとつである空室リスクに関連する空き家率から見ていきましょう。

空き家率の推移

和光市の平成25年の空き家率は13.3%となり、埼玉県平均:10.9%よりも高い数値であることがわかります。(平成25住宅土地統計調査より)

また平成10年からの空き家率の推移は下記の通りです。※平成10年~25年の5年毎

平成10年:9.0%
平成15年:10.0%
平成20年:8.3%
平成25年:13.3%

10%以下と優秀な数値で推移してましたが、平成25年には全国平均に近い数値まで上昇してしまいました。

では和光市の空き家対策はどうかなっているのでしょうか?

和光市では空き家の管理促進や相談対応が中心で、空き家の利活用や減らす対策は平成29年1月現在確認できていません。

しかし「空家等の総合的な対策の推進」にする協定を埼玉土地家屋調査士会と締結するといった動きは見られます。

そのため今後の和光市による空き家対策に期待したいところです。

刑法犯認知件数の推移

では和光市は安心して暮らせる街であるかどうかの基準となる犯罪件数(刑法犯認知件数)を見ていきましょう。

過去の犯罪件数は下記になります。

平成16年:1803件
平成20年:1159件
平成22年:1047件
平成25年:695件
平成26年:843件
平成27年:787件

平成16年をピークに年々減少傾向にあり、現在の数値をピーク時と比較すると43%程度まで減少していることがわかります。

和光市では平成17年1月に「和光市くらし安全防犯条例」を施行し、パトロール実施、情報提供、防犯活動支援、環境整備などに取り組んでいます。

現在まで続いている減少傾向と和光市の取り組みから、和光市はさらに治安の良い街になることが期待できます。

待機児童数の推移

次に働きたい子育て世帯が住みやすい街であるかのひとつの指針になる待機児童対策について見ていきましょう。

過去の待機児童数は下記になります。

平成23年度:70人
平成24年度:39人
平成25年度:53人
平成26年度:59人
平成27年度:59人
平成28年度:36人

和光市の待機児童数はここ数年横ばいで推移しています。

和光市では保育施設や定員の増強などへの取り組みを行なっていますが、待機児童がゼロになるにはもう少し時間を要するかもしれません。

ここ数年の待機児童数の動向と和光市の取り組みから判断すると、子育て世代の働きたい家庭にとって和光市の子育て環境は今後に期待といったところでしょうか。

次に和光市の不動産価格について考察していきましょう。

20代~40代必見!月収プラス20万円をつくる!

【頭金10万円から始める】マンション投資セミナー

不動産投資セミナー

和光市の不動産価格

和光市の不動産価格の動向について見ていきましょう。

まず和光市の地価は、埼玉県内2位、全国44位となっています。最も高い坪単価は1993年の185.2万円で、2016年は46%程度の85.2万円で推移しています。

現在までの地価動向

では最近の地価の変動を見てみましょう。

バブル崩壊後地価は下げ続けましたが、2007年(2.99%)と2008年(4.93%)の2年間は上昇に転じました。

しかし翌2009年から再び下げに転じ、2013年までの5年間は緩やかな下げとなりました。

また最近3年の動向を見ると、2014年(2.66%)、2015年(0.8%)、2016年(6.0%)と3年連続で上昇しています。

市内では和光市駅周辺の地域の地価は高く、2016年の地価は5.82%と大きく上昇しました。

賃料相場

では和光市の家賃相場はどうなっているでしょうか?部屋のサイズ別に見ていきましょう。

ホームズ家賃相場情報によると下記の数値となります。

1R~1DK:2位
1LDK~2DK:2位
2LDK~3DK:1位
3LDK~4DK:2位

地価の2位と比較すると、すべての部屋種別で地価と同等のランクとなっています。

和光市の不動産の特徴をまとめると下記になります。

  1. 和光市駅周辺の地価は高い。
  2. 最近3年の地価の動向は上昇傾向にある。
  3. 地価と賃料は同等のランクである。

和光市の交通・アクセス

では和光市の電車状況はどうなっているでしょうか?

和光市内にはひとつの駅あり、東京メトロ(有楽町線・副都心線)と私鉄(東武東上線)の利用が可能です。

東京メトロ有楽町線:和光市駅

東京メトロ副都心線:和光市駅

東武東上線:和光市駅

複数路線が利用できる駅は、和光市駅となります。

また高速道路状況ですが、東京外環自動車道の和光IC、和光北ICのふたつのインターチェンジと、新倉PAのパーキングエリアの利用が可能です。

そのため車での都心のアクセスは良いと言えます。

和光市の人口推移

人口推移

和光市の人口動向について調査しました。

現在までの人口状況

まず最近3年の人口を見ると2015年:79,992人、2016年:80,615人、2017年:81,368人と緩やかに増加しています。

また1990年から2010年までの5年毎の人口推移は下記となります。世帯数の推移とあわせて確認下さい。

人口推移

1990年:56,890人
1995年:60,525人
2000年:66,734人
2005年:72,959人
2010年:77,618人

平均世帯人員

平成元年:2.81人
平成5年:2.59人
平成10年:2.39人
平成15年:2.26人
平成20年:2.16人
平成24年:2.12人

和光市の人口は昭和50年年代に5万人突破して以来、2017年現在も増加傾向にあります。

2017年と1990年の人口を比較する2.44万人、1.43倍と大きく増加していることが確認できます。

また2006年から2016年までの10年間の地区別の人口推移を見ると、白子地区、新倉地区、下新倉地区は10年連続で人口が増加しています。

反対に西大和団地地区(0回)、広沢地区(2回)、諏訪原団地地区(3回)、南地区(4回)、本町地区(5回)は市全体が上昇傾向にある中、増加した年は少ない地区となります。

また平均世帯人員を見ると、人口増加に反比例する形で年々減少を続けていて、年々核家族化が進行していると考えられます。

次に年齢3区分別人口を見ていきましょう。

下記表に2000年.2005年・2010年順で表示しています。

生産年齢人口:74.9%→72.9%→70.7%
年少人口:15.2%→15.3%→15.0%
老齢人口:9.8%→11.8%→14.2%

生産年齢人口と年少人口は緩やかな減少傾向にあり、老年人口は増加を続けています。この傾向より少子高齢化が進行していることが読み取れます。

今後人口推計

では今後の人口推移はどうでしょうか。

下記は国立社会保障・人口問題研究所(以下、社人研)による2020年~2040年までの和光市の人口将来推計と年齢3区分別人口(割合)となります。

社人研による将来人口推計※2020年~40年の5年毎

2020年:84866人
2025年:85638人
2030年:85908人
2035年:85686人
2040年:84922人

年齢3区分別人口

生産年齢人口:68.1%→68.2%→67.3%→64.8%→61.1%
年少人口:13.3%→12.5%→11.6%→11.1%→10.9%
老齢人口:18.6%→19.3%→21.1%→24.1%→28.0%

社人研のデータによれば、和光市の人口は13年先の2030年にピークを迎える予想となっています。

しかし減少に転じた後の減少幅は非常に緩やかなもとなり、2020年時点の人口よりも2040年の人口のほうが多い予測となっています。

しかし現在同様に少子高齢化の傾向に変化はなく、生産年齢人口と年少人口は減少傾向、老年人口は増加傾向の予測となっています。

次に和光市(公共施設白書準拠)による将来人口推計と年齢3区分別人口を見ていきましょう。※2020年~60年の10年毎

和光市の将来人口推計

2035年:82127人
2040年:81810人
2060年:76884人

年齢3区分別人口※2030年~2060年の10年毎

生産年齢人口:68.9%→64.1%→61.6%→63.0%
年少人口:11.8%→11.8%→11.7%→11.2%
老齢人口:19.3%→24.1%→26.7%→25.9%

人口のピークは少し先にずれる2035年の予想ですが、社人研のデータ同様にその後は緩やかな減少が予測されています。

また和光市は「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定して、

・市内の産業活性化、雇用創出
・快適な生活環境の整備
・出産、子育て、教育の支援
・安心安全に暮らせる街づくり

を基本目標として人口対策に取り組みはじめているため、今後の動向に注目したいところです。

2018年6月15日民泊解禁。民泊新法が施行されたました。

『Airbnb』のホストになりませんか?

手続きは簡単。Airbnb公式サイトからどうぞ。

Airbnb

和光市で行う不動産投資の将来性

これらのデータを元に和光市が不動産投資エリアとしては適しているか考察していきましょう。

不動産投資と人口問題

まず人口から。

和光市の人口のピークは社人研のデータでは2030年、和光市のデータでは2035年となっています。

また減少に転じた後も、人口が減少するスピードは緩やかなものと予測されているため、2040年までに和光市が深刻な人口問題に直面することは考えづらいと言えるでしょう。

また2040年時点の人口は現時点以上の数値である予想のため、人口が賃貸需要に与える影響は少ないと考えられます。

しかし和光市の平均世帯人員は県内でも最も少ない数値であること、そして今後も減少傾向にあること、そして少子高齢化がさらに進むことを考慮した物件選定が必要になるでしょう。

高齢者の一人または二人暮らし、単独世帯の増加傾向は今後も継続されるため、ターゲットを絞った物件探しが有効になるかもしれません。

また和光市の将来人口は全国平均と比較するとかなり優秀な数値での推移が予測されていますが、さらに和光市では人口対策に取り組み出しているため、今後の動向に着目したいところです。

不動産投資と交通

では和光市の交通に関してはどうでしょうか?

東京に隣接する和光市は、東京メトロ(有楽町線・副都心線)と私鉄(東武東上線)の利用で、都心へのアクセスの良さは埼玉県内でもかなり上位とと言えるでしょう。

市内には和光市駅しかありませんが、和光市駅から池袋駅まで13分程、渋谷駅まで31分程と通勤、通学に非常に便利な地域となります。

市内に唯一の駅である和光市駅は、有楽町線、副都心線、東武東上線の3路線が利用できる非常に利便性の高い駅となっています。

また東京外環自動車道を利用すれば都内へのアクセスは良いため、車での移動も便利な地域と言えるでしょう。

不動産投資と不動産価格

では不動産価格をみていきましょう。

和光市の埼玉県内でのランキングは地価は2位、平均賃料は1位(~2位)となります。

どちらも埼玉県内で上位に位置し、間取りに関係なく平均賃料も高いことがわかります。

特に交通の利便性が良い和光市駅周辺は地価、賃料ともに高い水準となっているようです。また和光市駅周辺は資産価値、利便性、賃貸需要など不動産投資で成功する要素が最も多く見込める地域ではないでしょうか。

ただし賃料も高く設定できますが物件も高額になるため、高利回りを目的にする投資には適さないでしょう。

和光市の不動産投資

以上、和光市の特性、人口、交通、地価について調査してきました。

これらの情報を要約すると和光市は・・・

  1. 人口のピークは2030年以降のため、今後暫くは安定した賃貸需要は見込める。
  2. 平均世帯人員は県内で最も少ない地域となり、今後も単身、二人世帯の増加が予想される。
  3. 和光市駅周辺は地価と賃料も高く、利便性、資産価値、賃貸需要も高い。
  4. 優秀だった空き家率は全国平均に近い数値まで悪化。
  5. 東京メトロ、私鉄、高速道路の利用で都内へのアクセスは非常に良い。
  6. 待機児童対策はこれからを期待。
  7. 犯罪件数は減少傾向にあるため治安は良い。

となります。

着目するポイントや重要視するポイントは人によって異なりますが、和光市は不動産投資エリアとして面白い地域と言えるのではないでしょうか?

和光市国立社会保障・人口問題研究所土地代データ平成25年住宅・土地統計調査を参考に記事を作成しています。

関連記事

ページ上部へ戻る