記事の詳細

補修やメンテナンス費用はリスク?

不動産投資を行う時には、購入する物件の補修やメンテナンス費用も念頭に入れておく必要があります。

特にアパートなどの一棟収益物件をを購入し、長期的に家賃収入を得ていこうというスタイルを考えている場合は、この補修やメンテナンス費用はリスクの1つと考えておいても良いくらいです。

特に補修費用と言うのは、臨時で発生する場合もあり、そのためにもある程度は資金をプールしておく必要があるでしょう。

優良リフォーム会社に一括見積り!?

特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみが加盟!?安心して見積もりが可能です!?

どういった補修が必要?

では具体的に補修やメンテナンスではどのような費用がかかるのかを紹介します。

基本的に不動産を所有するオーナーというのは入居者に対して、安心して住める物件を提供する義務があると考えてください。

つまり補修やメンテナンスにかかる費用というのは、決して避けて通ることはできない問題なのです。

最も代表的なケースが入居者が退居した場合で、このときの現状回復やリフォームにかかる費用が考えられます。

ある程度は敷金や追加請求という形で費用の回収を行うことはできますが、100%の回収を行うことは難しいと言えます。

特に東京都の場合は、賃貸住宅紛争防止条例による借主に請求できる範囲も制限されているため入居前にしっかりと退去にかかる費用を試算しておく必要があります。

こうした出費以外にも、建物そのものにかかるメンテナンス費用を計算しておく必要があります。

例えば築10年程度が経過すると外壁の補修や塗替え、屋根や屋上の防水加工を行うのが一般的です。

他にも建物の設備が壊れてしまったなどのケースでも対応する必要がありますし、排水管などの補修や交換も定期的にしなくてはいけません。

建物の老朽化というのはおのおの物件で進行具合異はなります。ですので明確にこの時期になれば補修やメンテナンスを行えば良いという時期がなく、それが読めないのもリスクの1つと考えることができます。

しかし共通して言えることはこまめにメンテナンスをすることで、物件の寿命をのばすことは可能なのです。



補修・メンテナンス費用を確保

その対策としてはオーナー側でもある程度は資金が必要になることを考慮しておき、いつでも対応できるようにしておくことです。

また建物の寿命を伸ばすためにも補修やメンテナンスはこまめに行うようにしてください。

目先に発生する補修費用やメンテナンス費用を出し惜しみしてしまうと、建物そのものの寿命が短くなってしまったり、本来なら補修だけですんだものを交換することになり、余計に費用が必要になったというケースも多くみうけららるのです。

つまり目先で出ていく費用を出し惜しみせずに、しっかりとメンテナンスを行うことで、長期的な視点で見た場合に補修にかかる費用の削減対策につながると考えられるのです。

不動産投資では投資した金額に対して、収益となる家賃収入、そこから発生するコストを差し引いた利回りに注目をしてしまいがちです。

しかし、実際には長期的に発生する補修やメンテナンス費用という部分も計算しておかなければ、思わぬことで足元をすくわれかねないので、投資前からきちんと考慮しておいてください。


関連記事

ページ上部へ戻る