記事の詳細

不動産投資ローンは審査が厳しい

不動産投資を行うのにローンを利用する場合、当然ですが審査に通過しなくてはいけません。

不動産投資ローンは比較的に審査が厳しいとされているので、審査を通過する時のポイントを紹介してみます。

不動産投資ローンと言っても取り扱いをしている金融機関の種類によって、融資に対する方針に違いがあることをまずは理解してください。

不動産投資をしている方の87%は会社員や公務員!

一回の入力作業で複数の不動産に資料を一括請求が可能!

無駄な手間を掛けずに、民泊ビジネスに適した投資物件を探してみては?

金融機関による審査の厳しさが異なる

一般的なローンと同じく、不動産投資ローンにおいても銀行系は金利が低い傾向にありますが、審査はかなり厳しく行われており、サラリーマンの方が融資を受けるのは難しいと言って良いでしょう。

ただし、これほど審査が厳しいのはメガバンクや都市銀行のみだと考えてください。

地方銀行や信用金庫の場合、不動産投資に対して比較的に前向きであることが特徴なので、他の金融機関で融資を断られたとしても、申込をしてみる価値があるほどです。

その地方銀行よりもさらに審査の敷居が低いとされるのが、ノンバンク系の不動産投資ローンになります。

ローンの対象となる物件によっては審査をほぼ通過できるといったケースも見られますが、金利設定が高めになっているので場合によってはキャッシュフローがプラスにならないこともあるので注意しておきましょう。



審査を通過するポイント

では一般的な金融機関では不動産投資ローンの審査を通過するポイントがどこにあるのかと言うと、大きくは4つに分類できます。

自己資金額、投資対象となる物件の収益性、申込者の年収、申込者の勤務先の4つになるのですが、半分をいわゆる個人属性が埋めていることになります。

つまり、不動産投資ローンにおいては、申込者の個人属性がかなり影響を与える基準であるのです。

それぞれの項目で説明をしていきますと、不動産投資を始める時に自己資金がなくても良いという話を良く耳にするかもしれませんが、これも間違いです。

金融機関としては自己資金がいかに多いのが重要なポイントになっており、最低でも購入物件の5%は資金を用意しておく必要があります。

また物件購入以外の諸費用などについては融資を受けられないことを考えると、最低でもさらに10%は上乗せした金額がないと、金融機関としても融資をしにくいと言えます。

投資対象となる物件の収益性というのは、言い換えるとローンの担保となる不動産がどのくらい利益を生むのかという話です。金融機関としては収益が高ければ高いほど、融資をしやすくなると考えることができます。

年収については不動産投資ローンの限度額が変わってくる項目です。不動産投資ローンの借入金額は年収の5倍程度が目安となっているので、年収が高ければ高いほど多くの融資を受けることができます。

ただし単純に個人属性として年収が多ければ貸し倒れのリスクも少ないとされるので、審査を通過するには外せないポイントです。

最後に勤務先の属性は安定した返済を行えるのかの基準となるので、規模、資本金、売上高などの項目を総合的に審査されると考えてください。


関連記事

ページ上部へ戻る