記事の詳細

駐車場の経営方法

駐車場の経営方法は大まかに分けて二つのパターンがあります。

コインパーキング

一つはコインパーキング経営で、自分自身で機材を揃えて工事から管理まで一手に引き受けることもできますが、駐車場経営の専門業者に土地を貸すことも可能です。

専門の業者にお任せした場合、駐車場の管理や清掃、トラブルに対する対応なども引き受けてくれます。工事も手続きも早いので一週間もあれば開業することができます。

また賃料収入は一定になるので、駐車場に空きがあっても収入が十分得られる仕組みとなっています。

駐車場経営

月極駐車場

もう一つの方法は月極駐車場であり、専門業者に一任できるコインパーキングと比べると空きさえ無ければより大きな収入が期待できます。

しかし安定収入が得られるかどうかは大きな違いであり、専門業者に任せた場合とくらべて不要な心配事を背負うことになります。

定期的なメンテナンスやトラブルに対する対応なども必要になってくるため、理由がなければ専門業者にお願いすると良い場合が大半です。



駐車場経営のメリット

駐車場経営は小さな初期資金から始められる比較的手軽な土地活用方法であり、さまざまなメリットがあります。

もしも広めの土地があるならばぜひ駐車場経営を検討してみましょう。

駐車場経営のメリット一つ目は、設備への投資が最低限で済んでしまう点です。

車が出入りしやすいようにアスファルト舗装をしたり、コインパーキングであれば精算機の設置も必要となり、場所によっては立体駐車のためのビルも必要ですが、アパートやマンション建設に比べると非常に少なく済みます。

アパートなどは老朽化した部分の補修や、部屋の空室率などに気を使うことになってしまいますが、駐車場ではそんな心配がほとんどありません。

またマンションやオフィス向けのビルを建設する場合は立地が重要になり、特に駅から遠い土地は使い道に困るものですが、

その点で駐車場は駅から離れていても利用者を見込める場合があります。

用途地域による制限も受けないため、住宅地の中にでも建設できるのはやはり大きなメリットとなります。

さらには駐車場として収益があまり出なかったり、他の方法に転用した方が良さそうだと感じたら、すぐに更地に戻してしまえるのも大きな利点です。

アパートやマンションを一度建設してしまうと、入居者が入ることで借家権が発生するために取り壊しや建て替えが難しくなりますが、駐車場の場合は事前告知だけで済みます。

土地の活用法に選択肢があることは大変重要で、売却する際にも買い手が付きやすくなります。

日本最大級の土地活用資料の請求が可能!?

上記サイトは地域密着の企業から大手上場企業までが登録されてるため、土地の有効活用について様々な提案を受けることができます。

駐車場経営のデメリット

少ない初期投資で始められる駐車場経営は大変魅力的な不動産投資の方法ですが、やはりデメリットも少なくありません。

一つ目のデメリットとしては「税制上は更地と同じ」という点です。

アパートやマンションを建設した場合は住宅用地となりますので固定資産税などが軽減されますが、駐車場の場合はそれがありません。

東京都であれば、住宅用地の場合に比べて駐車場の税金は6倍にもなるので、無視できないデメリットといえます。

相続税の評価としても更地として扱われるため、親が残した土地へアパートやマンションを建設すると相続税の減税を期待できますが、駐車場経営に活用した場合はあまり期待できません。

しかし土地を転用しやすいまま活用することができるので、その点では駐車場経営は魅力的でもあります。

コインパーキング

場所の設定が重要

また駐車場を設置する場所を間違えてしまうと収益につながらないのも大きなデメリットです。

まずは駐車場の近くを人や車が多く通るかは大きなポイントとなります。周囲に人の集まる施設があるかどうかも重要で、商店街の近くやショッピングモール、娯楽施設があれば十分期待できます。

しかしこれら条件が整っていなければ、駐車場の経営は途端に難しくなります。

アパートやマンション経営にはノウハウが必要となりますが、駐車場経営は経験が少なくても始められる一方、立地一つ間違えばどんなに頑張っても集客することができません

駐車場に空きが目立ってしまうと、期待していた通りの収入が得られず、借金の返済に困ってしまうケースもあります。

幸い駐車場は、土地としてはさまざまな事に転用できる可能性を残しているため、売却するのも簡単という意味では優れています。

メンテナンス

メンテナンス

またメンテナンスはマンションやアパートに比べて簡単なものの、駐車場にも苦労があります。

利用者とのトラブルはその一つであり、駐車場を自己管理している場合は迷惑駐車無断駐車に悩まされることになります。

質の悪い客だと料金を踏み倒すだけでなく、コインパーキング用の設備を破壊されてしまうこともあります。

コインパーキングの設備についても管理が重要であり、自動支払機からお釣りが出てこなかったり、駐車車両へのロックが働かないなどのトラブルもあります。

月極駐車場であっても賃料を支払ってくれない客がいれば回収に手間がかかるため、やはりアパートやマンション並に苦労することがあります。

総合すると、駐車場経営は初期投資こそ少ないものの税制上は更地の扱いなので税金は高いままです。

それなりの収入を生み出すことができれば良い面が見えてくるので、ぜひ検討してみましょう。



コインパーキングを経営するには?

最後に、皆さんも一度は利用したことや見かけたことがある「コインパーキング」、つまり時間貸し駐車場の経営について、もう少し掘り下げて説明していきたいともいます。

実はこのコインパーキング、主婦やサラリーマンの方でも簡単に投資することができ、月100万円以上もの不労所得を獲得している方も少なくありません。

月極駐車場よりも「コインパーキング」の方が、メリットが多く月極駐車場の数倍の売り上げも見込めるのです。

不動産投資の中でもリスクが少ない投資方法となり、好きな時に始められ、好きな時にやめられるのも魅力です。

さらに「コインパーキング運営」は、土地を所有していなくてもはじめることができ、営業や運営自体も難しい作業は一切なく、少ない初期投資で開業することができます。

ではこのチャンスが詰まった「コインパーキングの経営」について解説していきましょう。

コインパーキングの種類

コインパーキングには、様々な種類のタイプがあります。

まずはロック式のフラップ版を設置して、駐車スペースに車が駐車したことをセンサーで感知し、車両をロックし、駐車時間に合わせて精算機で駐車料金を支払うことで、フラップ板のロックが解除される「ロック式コインパーキング」。

発券機から駐車券を受け取ることでゲートが開き、駐車時間に合わせて精算機で清算することでゲートが開く「ゲート式コインパーキング」などが主流です。

最近ではフラップ版やゲートを設置せず、場内を赤外線モニターカメラで24時間監視し、駐車の快適性や防犯面にも万全で、利用者も安心して利用することができ、停電時のロック解除不可やロック装置による車輌の損傷などのクレーム対策にも万全な「ロックレス式」。

アスファルト舗装を必要とせず、短期間のスポットコインパーキングにも活用できる「スペースロック式」なども登場しています。



コインパーキングの開業

コインパーキング運営には、駐車スペースである土地が必要になります。

土地を所有している方は、基本的にアスファルトを引き、フラップ板やゲート、精算機、発券機を設置しますが、業者選びには低価格でサービスの良い業者を選ぶ必要があります。

これにはクレーム処理から駐車場管理などを委託する際にも関係しますので、よりよい業者を比較して決定する必要があります。

なお、スペースロック式のコインパーキングにする場合にはアスファルト舗装は必要ありません。

また土地を所有していない方も、土地を借りる必要がありますが土地を所有している方とほぼ同じ工程になります。

また月極駐車場を全て借り上げることでアスファルトの舗装や駐車スペースのライン引き等、費用を抑える事ができ、契約を解除する場合でも設置した装置を取り外すだけですので簡単に解約することができます。

コインパーキング運営☆機器購入やレンタル・リースにかかる費用

購入する場合も、レンタル・リースの場合も、基本料金10万円前後と、ロック装置取り付け1台5万円前後が工事費用としてかかってきます。

機器を購入して開業する場合は、フラップ版と精算機を購入する必要があり、フラップ版と言われるロック装置には、フロントロック式とセンターロック式があり、フロントロックが1台7万円~、センターロックが1台9万円~となります。

またスペースロック式は10万円~、精算機は1台40万円~程度が相場となりますが、機種や性能によって価格が変わってきます。

フラップ版や精算機などの機器を購入する目安として、10台未満の駐車場であれば、300万円程度の費用がかかります。

ロック装置や精算機一式をレンタルして開業する場合は、各社によって違いがありますが、月額基本料金が2万円~4万円前後、ロック装置が1台3,000円~5,000円前後となります。

リースの場合は長期の契約が必要となり、途中解約はできない会社が多いですが、料金はレンタルよりも格安となります。

また案内看板の設置には8万円~となり、メンテナンスや駐車場管理を委託する場合は、管理費用として1台3,000円前後の費用がかかります。

コインパーキング

コインパーキングを運営するにあたっての「メリット」

所有している土地をコインパーキングにすることで、放置していた土地を有効活用して今まで税金を支払っているだけだであった土地から不労所得を得る事ができます。

土地を所有していなくても土地を借りることで開業することができ、開業までにかかる時間は1週間前後と早期の開業が可能です。

月極駐車場よりもコインパーキング運営の方が、断然収益性が高いというデータが出ています。その結果は多いところで 3倍以上もの差が出ています。

コインパーキングを設置する場所さえうまく選べば高い利益を生むことができ、安定収入がみこめます。

コインパーキングを運営するにあたっての「デメリット」

週に何度か設置場所に集金に出向く必要があります。しかしこの作業は集金委託業者に委託することで解消されます。

ですので、唯一コインパーキング運営のデメリットとして挙げられるのが、税制面の優遇が受けられないということです。

結果として、デメリットをカバーできるだけの収益が見込めるのが「コインパーキング運営」となり、利用者が多く参入者が少ない時期である今が、狙い目と言えるでしょう。

不動産投資をしている方の87%は会社員や公務員!

一回の入力作業で複数の不動産に資料を一括請求が可能!

無駄な手間を掛けずに、民泊ビジネスに適した投資物件を探してみては?

関連記事

ページ上部へ戻る