記事の詳細

仕事と両立できる副業は?

私は年収500万円の会社員です。この度、神戸市北区にある中古の投資用マンションを購入しました。普通のサラリーマンですが、思うことがあり、不動産投資をはじたのです。

定年まで勤め上げれば退職金ももらえますし、ある程度は年金も受給できるであろうと想像はつくのですが、「では実際に定年まで勤めきれるのか」と考えだすと先行きに多くの不安を感じるようになったのです。

では会社以外からの収入を得るにはどうすればよいのか?当然会社に勤務しながらということを大前提にしてです。「今の仕事に影響を与えることなく収入を得る」この考えに当てはまるのが、不動産投資による家賃収入にたどり着いたのです。そして、地理的にも明るく、賃貸需要も高いこの地域で、区分所有のマンションを購入することなったのです。

物件概要

購入価格は700万円でした。すでに入居者がいる為、そのまま区分所有マンションのオーナーとなるオーナーチェンジ物件でした。購入してすぐに家賃収入が確保できているため、ローンの支払いは家賃でまかなえ、さらに手出しの自己負担もいっさなく運用出来ているため、今の私にとってはとても好条件の投資物件でした。

このマンションは駅からは徒歩12分ほどで、目の前に市バスのバス停もあるので、交通アクセスはかなり便利な方です。近隣にはスーパーや雑貨店、電気屋やファミレスなどの商業施設もたくさんあり、日常生活を送るには特に問題のなく、利便性の高い立地と言えます。特に学校へのアクセスも良いため、ファミリー層の方にも借りていただきやすい物件です。

実際にマンションのオーナーとなってみて、まだ3ヶ月ほどしか経過しておらず、正直実感が湧いていないような状態です。しかし間違いなく私の口座に賃料が振込まれてくるのを確認するたびに、そこで改めて不動産投資を始めたことを実感しています。

h3>物件調査

では不動産投資をはじめるにあたり、私が最もこだわったことは、物件選びでした。特に最初に所有する物件のため、いきなりこけてならないと、意気込んで物件探しをしました。実際にこの区分マンションを購入するまでに、何箇所も見て回りました。稼働中の物件の場合は室内を見ることができないため、同じ建物内で賃貸募集をしている物件がある場合は、不動産屋さんに無理をいって、部屋を内覧させてもらうこともありました。

中が見ない場合は、図面・修繕履歴・管理状態などをしっかりとチェックして、物件の外見や敷地内など見学が可能なものはすべてチェックしました。また物件周辺の状況も時間をずらしてチェックするなど念入りの調査を行いました。

h3>今後の展開

築年数が新しいほど当然に価格もお高くなってしまいます。しかし多少築年数が古いものであっても、室内を全面リフォームまたはリノベーションすることで、再生することができます。また内装的に言えば、新築の状態とかわらないため、賃貸需要も高くなり、資産価値も上がるため、今後はこのような条件のマンションに投資することも視野に入れています。

これから投資用マンションを購入しようと検討されている方は、まずむやみに見て回るのではなく、まずはターゲットする対象を決めることをおすすめします。具体的には、学生・社会人・単身者・夫婦(カップル)・ファミリーの誰にウェートをおいた物件にするかを決めることからはじめるんはいかがでしょうか?

自己資金と融資枠によりある程度、物件が決まってしまう場合もありますが、まずは属性を決め、その属性に適した物件(広さ・間取り)を選び、次に地域を絞り込むことで、候補となる物件は自ずと絞られてくるでしょう。

そして「物件調査」で書いたように、できる範囲の調査はすべて行うことで、厳選した投資物件選びができると思います。ここまで行った上で、候補に残る物件であれば、かなりの確率で高収益が見込める物件だと思います。そして自分でも納得して購入することができますので、不動産投資をはじめることで躊躇を感じている方におすすめできる方法だと自負しています。

関連記事

ページ上部へ戻る