記事の詳細

父、畑をやめて世代交代へ

私は不動産経営をおこなう主婦です。現在の年収は約630万円。これはすべて不動産経営からあがる収入です。物件は宮城県内にアパートを2戸(8部屋)所有しています。私が現在に至るまでのお話をさせていただきます。

私の親は農家で田んぼと畑があります。畑も田んぼも規模は大きい方で昔から農業のみで生計を立てていました。

私は数年前に結婚し、主人と子供の3人でアパートに暮らしていました。ある日家族に呼び出され実家へ行くと父が、畑は辞めて田んぼだけでやっていくと言う事でした。私には兄がいるのですが兄はそのまま田んぼと実家などを相続するそうで生前の財産分与と言う事で畑の土地は私がもらう事になりました。

家に帰り主人と相談しアパートを立てて収入を得ようという話でまとまりました。宮城県は震災で住める土地がなくなってしまったのでやるなら今しかないと思いました。私がアパート経営をするなどとは思ってもみなかったので知識は丸でなく詳しい主人の友達に夫婦で相談させていただきました。

誰を対象にしたアパートにするか

私が相続した土地は最近開発が進み近くには大型ショッピングモールや学校、総合病院などが沢山たっていたので立地は問題ありませんでした。私達は入居対象を若いファミリーに絞り、洋風で間取りも多く収納ができるアパートを目指しました。そして太陽光パネルを取り付けました。

土地は広いのでまず半分の土地は手放して現金に換えました。アパートを立てるための資金がなかったのです。震災の影響で土地価格が急上昇していましたので迷わず売りました。残り半分の土地にアパートを2戸と家族の家を建てる事にしました。土地を売ったお金で小さいながら2階建ての家は借金なしで建てる事ができますが、アパートに関しては手出しが勿論ありました。

アパートの家賃収入で充分返済できる金額でしたので早速着工となりました。

住民トラブルの板挟み

無事にアパートは完成し8部屋全てが1ヶ月かからない程度で埋まりました。当初から空きが出る事を想定して収益を計算しておりましたので大黒字です。

今現在もそれは変わりませんが住民トラブルに巻き込まれてしまう事もしばしばあります。あの家がうるさいや、玄関の回りを隣人に泥だらけにされるなど。その度に穏便に済むように細心の注意を払って間に入ってきました。思った以上に管理は大変です。管理会社に入ってもらい今後どうしていくか考えていかなければならないと思っています。

ただ収益は好調なのでこの調子なら繰り上げ返済が出来そうです。不動産セミナーなどに参加して勉強していこうと思います。

宮城県はまだまだ伸びる

震災からの復興でだいぶ生活が落ち着いてきて、収入も安定している人が大部分を占めてきたように感じます。そのため宮城県の不動産業はいまからまだ伸びるのではないかと思っています。

復興住宅の建設も始まっていますが、家族の人数によって部屋が決まってしまう復興住宅では、学生がいる家族には手狭な状況です。そのため部屋が多いアパートはもっともっと人気が出ると踏んでいます。また小さい子どもが成長し転居を考える頃に、子供は独立して新た住居、そして両親はもう少し小さいアパートに引っ越すなど長い目で不動産業はまだ伸びると考えます。

やってみれば意外にできる

まるっきりのド素人の私達夫婦でも利益を順調に生んでいます。信頼できる方やセミナーなどに参加してアパート経営を始めてみるといいのではないかと思います。始める時にかかる金額は大きいですが利益を生み財産になります。

不動産投資ははじめるまでは不安もありますが、やってみれば意外にできるものです。最初の一歩を踏み出して不労収入を得ることで有意義な生活・人生の選択をすることをぜひお勧めします。主人は現役で働いている会社員ですがアパート経営をはじめてからは、会社からの収入の何倍にもなりました。

関連記事

ページ上部へ戻る