記事の詳細

転勤による住まいの空室から

現在、大阪で法人を中心とした営業のサラリーマンをしています。年収はおよそ450万円程度になります。同じ大阪府下ですが、より南部に以前自分たちが住んでいた築10年を経過した一戸建てを1戸賃貸物件として貸し出しています。そもそも大家になりたいという気持ちはほとんどありませんでした

結婚してしばらくして、マイホームとして新築一戸建てを購入しました。しかし、ローンの返済も残っているにも関わらず、転勤が決まってしまったのです。通勤できない距離ではなかったのですが、毎日のことですから、新たな居を構えて、マイホームは貸すことにしました。

この時に、まずは売却してから新たに新居を購入する方法もありましたが、その場合、売却額でローンを完済できないため、売却という選択はなくなってのでした。このように大家になることで不労収入がほしいというよりも、住宅ローンの返済をこのまま負担なく継続していくことができるかが最大の課題だったのです。

すぐに入居者が決まった

大阪府内に住んでいるとはいえ、これまでの土地を離れることになりますから、転居する前のなるべく早い段階で入居者が決まってほしいと願っていました。幸い、この地域は住宅地として開発が進み、人口も増加していることもあり、賃貸需要が高いエリアでした。地元の不動産会社に相談すると、すぐに入居希望者が現れました。そして何組かの家族が見学に来られ、すぐにその一組の家族が入居することになりました。

不労収入も入り出した

当初は、住宅ローンと新居のダブルで支払いがあっては生活に影響がでるため、入居者探しに時間がかかるようであれば、最悪住宅ローンが残ってでも、売却することも考えました。しかし入居者が決まってくれたことで、結果的にはローンの支払いをしても毎月手元にも現金が残る状況は非常に満足しています。

住宅ローンにプラスして固定資産税などを差し引いてもまだ利益を生み出してくれているので、あの時に売却せずに、思いきって大家さんになってよかったと思っています。

物件の選別が始まる

とはいえ、今は入居してくれているので安定的な収入があって理想的な形と言えます。しかし空室リスクは大家さんにとっては最大のリスクと言えるはずです。日本全体で見れば、人口は減少していきますから、大家さんが必ずしも安泰というわけではありません。むしろ選ばれる時代になってきているという認識を持つべきでしょう。

必要な物件のメンテナンス

築年数が経過しても、住みやすい設備が整っていれば入居者は必ず現れます。投資を怠ると、空室リスクを高めてしまうことにつながります。家賃収入をすべて不労収入だと思わずに、その一部を積極的に投資に向けていくべきと言えます。なにもしないでいると住まいの価値は下がる一方ですから、家賃の値下げをすることでしか対応できなくなってしまいます。積極的に資産に投資していく姿勢が必要になると感じています。

 

関連記事

ページ上部へ戻る