記事の詳細

お金の問題

不動産投資リスク

投資をはじめるとどうしても避けて通れないのがお金の問題です。

例えば株式では最低購入単位が1000株を基本としているので、1000株購入するだけの資産を準備するところから始まります。

他にもFXなどは証拠金という資金を準備し、安全な運用を行うためにはどうしてもある程度まとまった予算を立てる必要が出てくるのです。

もちろん不動産の投資においても同様です。

不動産投資では銀行などの金融機関からローンを組んで投資を行うため、

不動産投資をされる多くの方がマイホームのローンと新たな不動産投資のローンの2つを同時に組むケースはよくあることです。

しかし決して誤解して欲しくないことが一つだけあります。

それは不動産投資における借金は、ただの借金とは意味合いが違うということです。

お金を借りるということ

借金というと皆さんはどうしても悪いイメージを抱いてしまいますよね。

借金が原因で家族に迷惑がかかったり、ローンの返済が苦しくて生活が行き詰まったりとおそらくマイナスのイメージを持たれる方がほとんどだと思います。

しかし誤解しないでほしいことが一つだけあります(大事なので2回言わせてもらいました)。

不動産投資のローンは「投資」であって、決して想像している「借金」と同一ではないのです。

そもそも「投資」とは自分の持っている資産を元にして利益を生みだすことを意味します。

これは計画に基づいて行われ、しっかりとした目的・運用の管理の元で行われる行為で、決して無計画に偶然のチャンスを狙って資産を投じ、得られた差額の利益を狙っていく「投機」とは全くの別物なのです。

つまり行きずりで困窮してお金を借りる借金はあくまでも其の場凌ぎの借り方ですが、

計画の元に運用する投資目的のローンとは決して同じ次元の話ではないのです。

実は日本は珍しい国

実はこの日本人の借金に対する抵抗感は、高度経済成長期にも垣間見ることがありました。

日本人は世界でも類を見ないほどの貯蓄大好き民族だったのです。

このおかげで高度経済成長期にはその銀行に大量に蓄えられた資産を各企業に分配し、多くの企業が驚異的な成長を遂げることができたことは、日本人ならではの成長戦略だったと言えることでしょう。

実は、ここには一つ皆さんに気づいて欲しいとても大切なことが隠れているのです。

頭では理解していることだとは思うのですが、銀行は皆さんが預けた資産を他の方にローンや融資という形で提供することでその利ざやを収益としています。

つまり気付かない間に皆さんの資産は運用されているのです。

社会保障システムは万全?

不動産投資負債

例えばヨーロッパやアメリカの友人と話をすると、不動産や資産運用の話が当たり前の話題として出てきます。

自国の社会保障システムがどうしても老後まで保障するような仕組みになっていない以上、彼らは自分の資産を元手に生活資金を稼ぎ出すことが求められる社会的な母体に暮らしているからなのです。

日本は国民皆保険・国民皆年金という世界的に見てもかなり特殊な環境が整備されているため、必要以上の投資を行わなくてもある程度の生活が維持できます。

しかしもしこの社会保障システムが将来なくなってしまったらどうでしょうか?

おそらく生活の欧米化が進行することが予測できるのではないでしょう。

そして今の社会保障システムが今後どこまで維持されるかは、全く検討もつかない状況なのです。

そのため日本も今後は、自分の生活の安定を保全するために今までの殻を破り新たな投資の世界に足を踏み入れることは一つの生存戦略となりうるでしょう。

最後に

不動産投資では、マイホームの購入ローンのように毎月の返済で苦しむことはあまりありません。

なぜなら借主が決まってしまえば物件のローンは借主からの家賃(ローン返済分+収益分)として、実は自分の資産をほとんど痛めることなく投資が可能になるからです。

こう考えると実はマイホームのローンよりも、不動産投資のローンのほうが負担が少ないことに気付くのではないでしょうか?

そして住宅ローンへの不安はあまり感じないが、不動産投資のローンには不安を感じるということに矛盾を見いだせないでしょうか?

この矛盾に気付いた方は、不動産投資をはじめるハードルを1つクリアしたことになります。

ご自身・ご家族の将来ために、住宅ローンよりも安心な不動産投資という投資手法があることを認識して、不動産投資にチャレンジして見ては如何でしょうか?

関連記事

ページ上部へ戻る