記事の詳細

投資用の金利も有利に?

不動産に投資をするときに銀行貸付に頼る方はその金利動向に注目するのは当然のこととなります。

今後の金利動向を予測すると、居住用の住宅であれば住宅ローンが適用されますが、投資用の不動産であっても同じような優遇金利を受け取る可能性が非常に高いものとなります。

投資用不動産の標準金利

投資用不動産の金利基準はたいていの場合大手金融機関の場合は、プライムレートを用意しており、それが適用をされます。このプライムレートはその金融機関によって異なりなすが各行とも最近の好景気によって貸出需要を満たしたいと考えており、その金利は横並びと言っても過言ではないと思います。

このプライムレートとはその金融機関にとって最高の貸出条件に適用される金利になります。つまり、大手有名企業やキャッシュを潤沢にもつ顧客等に貸し出す金利になります。つまり取りはぐれのない借主に貸し出す金利をプライムレートになります。一般的には1年未満の短期融資を短期プライムレート、それ以上の融資に対しては長期プライムレートを用います。

もちろんこの最低金利で貸し付けを目指すことを考えなくてはいけないということになります。購入をしようとする不動産に対して銀行側が少しの金利でも上乗せをしようとするのであれば、それは銀行はあまり信用をしていない物件という目安にもなります。つまりこの最低金利を引き出せるような物件や個人信用情報を勝ちとるようにしなければいけないのです。

今後の金利動向

今は、史上最低金利となります。原因はみなさんもご存じのアベノミクスになります。このアベノミクスを補佐しているのが日本銀行になります。日本銀行のアベノミクス補佐の最大オペレーションは国債の買い取りになります。この国債を買い取ることによって、日本の金利は上昇しないように抑え込まれています

この仕組みを簡単に解説すると国債などに代表される債券は価格が上昇するたびに金利は抑えられるという金融商品になります。つまり、日銀が国債相場を買い続ける限り、その価格は高値安定または上がり続けるのです。そして金利は低利安定または下がり続けることになります。

つまり、今は国の政策によって金利が低く抑えられてる状態で、銀行サイドも市場にあふれ返ったマネーをどうやって使うのかに頭を悩ませているのです。そして金融機関からすればそのあふれかえった資金を使い、融資をもっと実行したいというのが本音になります。つまり、今現在、借金はしやすい環境にあり、しかも金利は低下傾向が続くということが言えるのです。

金利の低下傾向はいつまで続くか?

このアベノミクスや日本銀行の異次元緩和はいつまで続くのか?ということがみなさんの一番の心配点になると思います。

昨今の安倍首相の発言をみているとどうも東京オリンピックを目指して景気の回復を図ろうとしているのは明白だと思います。また一方で、日本銀行の黒田総裁は今年度、つまり2015年度まで「この異次元緩和、つまり国債を購入する」とこの買い取りを始めた2013年4月に伝えていますが、結果は思わしくなくその延長をすることをいたるところで発言をします。

つまり低金利はまだ続く?

おそらく、2020年近くまでは国の政策として日本全体の民間貸付は金利を低く抑えるつまりでしょう。ですからまだ借入するのには時間的な余裕があります。

しかし、これで本当に景気がよくなったら今まで20年近くもゼロ金利をつづけたのですから必ずその急騰場面というのがくるでしょう。また、世界的にマネーがあふれている時代ですから相当な潜在なインフレ懸念があります。

しかし、仮にインフレになったときには不動産価格もバブル崩壊からほとんど上昇していませんので、おそらく不動産価格も爆発的な上昇する見込みもあると予測できるのです。おそらく金利が上昇してもそれ以上に不動産からの身入りがあると思われます。

ですから、何度もいうように需要がない物件には手を出さないということが肝心要になります。物件選びに失敗した場合、みなが不動産で儲けているときに一人だけ貧乏くじを引く可能性もあるということを肝に銘じておいてください。

逆を言えば、しっかりと物件選びさえ行っておけば、将来的な展望はかなり開けているといえるのです。

関連記事

ページ上部へ戻る