神奈川県は人口増加中

不動産投資

日本全国で人口が減少していく中で唯一人口が増加している地域が首都圏なのです。

中でも神奈川県の人口は今現在も大きく増加が伺えます。

また神奈川県で不動産投資をする投資家も増加中ですが、投資する理由はやはり人口の増加を考慮しての方が多いと言えます。

ここでは神奈川県で不動産投資を行うメリットとデメリットを考えてみます。




神奈川県のメリット

まず神奈川県で不動産投資を行うメリットについてですが、上でも触れたように人口が増加しているのは大きなポイントです。

人口が増えることはすなわち不動産物件への需要が増していると言い換えても良く、それだけチャンスがあるのです。

地方都市で不動産投資を行う場合、人口が減少していることがデメリットとして真っ先にあげられるのですが、そうした心配をしなくて良いという点だけも、神奈川県の物件を購入する意味があります。

また首都である東京都の隣県ということで非常に立地が良いのもメリットです。

品川、渋谷といった東京を代表する都市とも近く、公共交通機関が発達しているので、今後も人口の増加もしくは現状維持を考えることができます。

外せない都市「横浜市」

横浜という全国的に知名度の高い都市があるというのもポイントになるでしょう。

人気のある都市というのは不動産投資においては、安定した需要を見込むことができるので、優良な投資先と見ることができます。

首都圏では東京につぐ2番手をキープしていることもあり、横浜市そのものへの需要も高いので、今後の将来性にも期待がもてるでしょう。

教育施設・観光地・利便性

大学など学生が住むという街なども多く、不動産投資としては安定した需要を臨むことができるはずです。

また通勤・通学の利便性以外にも、観光スポットも数多くあるという地域性に加え、不動産物件の価格が東京都に比較した場合、安価であるという点で見逃せません。







神奈川県のデメリット

反面で神奈川県で投資をするデメリットとしては、東京都よりは安価といっても地方都市とは比較にならいない不動産物件の価格が上げられます。

物件の価格が高ければ、融資を受けることができる条件も厳しくなってしまうので、その点はデメリットかもしれません。

ただし不動産価格が高いということは資産価値も高いと取れえることができるため、一概にデメリットとは言えないのです。

また、神奈川県と言っても需要が高い都市ばかりではなく、少し地域から外れてしまうと大きく価値が下がってしまうところもある点です。

最初に物件選びを失敗してしまうと、取り返しがつかないことになるケースもあるので、十分に考慮した上で投資するようにしてください。

神奈川県の中でも横浜市・川崎市など人気のある地域では、そのニーズに対する需要をしっかりと把握しておく必要があるのもポイントです。

せっかく高利回りを期待できる物件を購入しても、ニーズにあわせたものでなくては意味がありません。

特に人が集まる地域ではそうした需要を読み違えてしまうと、大きなデメリットになってしまうので物件選びは慎重に行うようにしてください。

首都圏専門の不動産投資【MDI】の無料資料請求



不動産投資

神奈川県の不動産投資を分析

ページ上部へ戻る