記事の詳細

国税庁が管理している土地の路線化などを調査して土地の値

不動産投資のためのマンションを購入するために多くの物件を見て回りました。出来るだけ安い中古物件を購入してリフォームして運用することを決断しました。

とういのも、不動産会社のおすすめの新築物件などを見て不動産投資をしたかったのですが、予算もあり、新築の物件は手が届かないことがわかりました。そのため予算を2000万円以下としての投資物件を探したのです

不動産投資の下準備

まずは住宅の価値などの調査からはじめましょう。どのくらいの物件がどのくらいの価格になるのかを、流通価格を調査してしっかりとした相場観をもって不動産を購入する必要があります。参考となるのが国税庁が管理している土地の路線価などで、これらを調査して土地の値段を割り出して、物件の築年数や価値を調査・把握する必要がありました。また間取りや部屋の向きなども調査の対象に入ります。十分に時間をかけて投資物件を吟味することをおすすめします。

投資物件を購入する際には税金面についてもシュミレーションして、経費や税金についてもしっかり把握しておく必要があります。またローン金利についても、金利が安い時に購入することが出来れば支払総額に数十万の差が出るため、ローンを申し込む金融機関もについても、一行ではなく、複数調査する必要があります。また、申告などについても、事前に税理士に相談することで、運用イメージを掴んでおくこともおすすめします。

不動産投資の際にはよい物件を探す

それでは、私が実際に購入した物件をご紹介しましょう。物件は千葉浦安市にある3LDKDのマンションです。私が考えるこの地域で不動産投資に最適な間取りは3LDKと思い、この物件を選んだのです。築10年のマンションでの角部屋の物件を購入です。また残りのローンの分も安定した収入を証明してローンを安く組むことが出来ました。また車庫付なのでファミリー層を対象とした投資物件として最適な物件でした。また宅配BOXやFTSコントロールセンターを完備していて便利だったので良い物件選びが出来たと思います。

誰でもしっかり予算をシュミレーションすれば不動産投資は可能だと思います。できれば頭金は多めに確保できるといいでしょう。

また私は、手元資金を十分に持っている方が不動産投資に向いていると考えています。私は、不動産投資を行うために資金をためてから購入しまし。頭金は1500万でした。夏のボーナスと冬のボーナスを10年分頭金で用意しました、さらに副業の喫茶店のチェーン展開で500万ほどためて1500万円を用意して、残りの金額を安い金利で借り入れする事ができ、投資物件の購入費は2200万円でした。

頭金が1500万円でローンした金額は税金を込みで700万円でした。毎月の返済金額は7万円で6年ローンでした。購入してからは残額のローンは3年間賃貸で貸し出しをしてすごく簡単に返済を行うことが出来ました。その後はリフォームをしながらきれいに新しい部屋作りをしたため、今では物件の販売価格は2700万円で売り手を見つけることが出来、購入費は2380万円でしたが、販売価格が2700万円で差額の320万円を不動産投資で儲けることが出来ました。

また不動産投資を行う際の条件として駅近くの条件を

自分が納得できる投資にするためには、十分に運用計画を建てることが重要です。また税金面なども含めてしっかり調査するために、出来れば税理士に事前に相談しておくことをおすすめします。このときに、不動産投資によってどのくらいの利益を出せるのかも検討しておきましょう。税理士と経費のシュミレーションを行うことで、具体的な金額を知ることが出来るからです。

関連記事

ページ上部へ戻る