記事の詳細

不動産投資」の最大のメリット「減価償却」とは?

不動産投資」の「最大のメリット」の一つとして、「減価償却」できることがあげられます。

減価償却」という制度は、実際にはお金は出ていかないのに、毎年建物の価値が下がった分を経費として家賃収入から差し引くことができるのです。これにより、毎年、税金がかからない減価償却費相当分の現金を手元に残すことができるのです。この「減価償却」の制度こそ、自然にお金が増えていく不動産投資のカラクリともいえるべきものなのです。

「減価償却」できる物件

「不動産投資」において、「減価償却」という制度を活用できる物件でないと投資する意味が半減してしまいます。まず、税法上の償却年数である「法定耐用年数」を過ぎてしまった建物は、投資対象外と判断していいでしょう。住居用の建物の「法定耐久年数」は、鉄筋コンクリートで47年、鉄骨造で34年、木造モルタル造で20年、木造モルタル造以外で22年となっています。また、設備は15年償却となっています。

通常、「減価償却費」を計上する場合は、取得した建物全体を建物と設備に分けて償却資産に計上します。一般的には、建物と設備の割合を6対4や7対3という具合に分けます。ですので、すでに15年経過していると仮定すると、設備は償却済みであり、不動産投資の価値が半減してしまうのです。このような、半減してしまったような物件は、税金ばかり納めることになります。

これでは不動産投資をするメリットが薄れてしまい、お金がたまるスピードも半減してしまいます。中古物件を取得する場合は、設備の償却期間がまだのこっている物件を選ぶ必要があります。必然的に築後15年以内である物件を選ぶ必要があるのです。入居者もオーナーも、古い物件より少しでも新しい物件のほうがいいに決まっているのです。

「不動産投資」の「減価償却」制度の仕組みを正しく理解しよう

「減価償却」の制度を理解していない人は、なぜ「不動産」が儲かるかを理解できません。そして、空室や費用などの不安ばかりに目が行ってしまい、結局、不動産投資はうまいこといかない、という結果に終わってしまうのです。

こういう人がなぜ理解できないかというと、「減価償却は経費として税法上認められている項目の中で、実際にお金が出ていかない唯一の経費である」ことに気づいていないからです。

通常、税務署では、経費処理するものは領収書の日付や、宛名、何のために支出したお金であるか、がわからないと認められません。ですが、「減価償却」の場合は、取引金額を取得制度に申告して、その後は、「毎年一定の金額」を損金として経費処理できるのです。

とくに不動産投資の場合は、購入金額の大部分が、消費資金(建物・設備)を取得するための取得費ですので、「毎年けっこうな額の償却費相当額が手元に残る」のです。

不平等なサラリーマンを辞めて「不動産投資」開始を決断

源泉徴収の合計額が100万円を超えているのはサラリーマンがほとんどだと思います。サラリーマンは知らないうちに、かなりの額の税金や社会保険料を納めているのです。

サラリーマンは払わなければいけない税金の10割を税務署に抑えられています。ですが、自営業者は5割、農家は3割、政治家は1割しか捕捉されていないのです。つまり、100%きちんと税金を納めているのはサラリーマンだけということです。

そして、医療費の負担額や酒、たばこ税もアップしました。さらに、年金制度改正によって2017年まで毎年厚生年金保険料はアップし続けます。つまり、支出は増える一歩で、これからは給料がほとんど上がらないということです。毎年手取収入が減り、確実に生活は苦しくなるのです。

このようにサラリーマンに不利な社会背景の中で、サラリーマンを続けていくことは、明るい未来を描くには、いばらの道と言えるかもしれません。

それではどうすれば良いのか?サラリーマンとの兼業、将来独立のどちらでも潰しがきくのが「不動産投資」なのです。勘違いしている人が多いのですが、「不動産投資」は難しい事業ではないのです。ポイントを押さえて勉強して仕組みや制度を理解することでリスクも少なく、堅実に収益を確保できる事業なのです。

不安を払拭できない方は、まずは不動産投資セミナーを活用して、感覚を掴んでみることからはじめても良いでしょう。まずは「不動産投資」にチャレンジみる勇気を持つことからはじめてみては如何でしょうか?

関連記事

ページ上部へ戻る