「千葉県」の不動産投資を考える

首都圏の中でも千葉県は成田空港があることから海外との玄関口にあたる県いうメリットがあります。

近年の外国人観光客の増加や日本政府が目指す観光立国という点を見ても、成田空港の重要性はさらに増すことになるでしょう。

つまり観光客のために交通インフラや宿泊施設、商業施設などが今後さらに充実されていく可能性を示唆しているのです。

またこういった背景より雇用の需要が高まり、人口が増加することが予測されるのです。

不動産投資を成功させる上で人口の増減は大きなウエートを占めるため、千葉県は投資エリアとしては適していると考えられるでしょう。

また観光地として人気が高い場所もありますので、場所を絞りやすく、不動産投資がしやすい県だと言えると思います。

また2011年の東日本大震災の影響などがあり土地の価値が回復をしてきているとは言え、地価はまだそれほど高くなっていません。

こういった点からも千葉県での不動産投資は良好な状況だと言えるのではないでしょうか。

しかしデメリットになる部分もあるため、しっかりとメリット・デメリットの両面を把握した上で不動産投資をすることが大切です。

まず千葉県の特徴としてはやはり幕張や浦安といったベイエリアにあると言えます。

いわゆる新都心地区と呼ばれる地域になるのですが、企業のオフィスや公共施設が多くあることから、人口の流入も激しい地域です。

また千葉県には観光地としての側面も大きく、不動産物件への需要が伸びてはいるのですが、地価は下がっていることもあり、人気が集まっていると言えるでしょう。

首都圏専門の不動産投資【MDI】の無料資料請求



不動産投資

千葉県のメリット

千葉県で不動産投資を行うメリットとしては、東京都心までの通勤時間の短さという利便性の面です。

また先ほどあげたベイエリアでは人気の観光スポットなどもあるので、家族として住む場所であると言っても良いでしょう。

若年層に人気の高いスポットという一面だけではなく、意外と公園なども多いので、子育てをするのにも向いているようです。

近年では空港近くで新たな雇用が生まれており、そちらの面でも不動物件への需要は高まっていると言えます。

利便性の面でも将来性の面でも需要が期待できるので、多くの人から不動産投資に向いていると判断されるのでしょう。

そして千葉県で注目しておきたいのが千葉県の北西部にある印西市で、都心へのアクセスも良く、周辺地域の環境も良いと評判です。

千葉県のデメリット

反面で千葉県で不動産投資をするデメリットとしては環境要因があります。

人気の高いベイエリアですが、実はその多くが埋め立て地となっていて地盤が弱いのです。2011年に起こった東日本大震災においても、ベイエリアでは地盤の液状化が起こしており、その点のリスクは大きなデメリットになるでしょう。

不動産投資においては避けることが難しいリスクの1つが環境要因なので、購入前にはしっかりと情報をチェックしておく必要があります。

また千葉県でも人口は増加しているのですが、それはベイエリアを中心とした一部の地域に偏っている点です。

千葉県全体として見た場合は地域ごとに格差があるので、その点も考慮しておく必要があるでしょう。

他にも千葉県内でも主要都市を除くと田園風景の広がる環境であることが多いので、環境の良さだけで選んでしまうケースも多いようです。

しかし千葉県のメリットである利便性が薄い場所の場合、不動産投資には向かない物件である可能性が低くありません。

物件購入の際にはこうした環境要因もしっかりとチェックをしておくべきです。







千葉県における不動産人気地域

栄えある第1位は、やはり「千葉市」です。

理由は千葉県のほぼ中央部にあたり、東京都から40kmとほどよく距離があり電車も複数路線乗り入れている事から利便性や住みやすさのどれをとっても高評価のため人気があるようです。

第2位は「柏市」です。

柏市は千葉県では5番目に大きな都市にあたり、柏駅周辺は休日になると若者が多く集まり非常に賑わうとの事です。

またつくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅付近は、東大、千葉大などの民産学公連携による国際学術都市つくりが進んでおり、今後さらなる人気都市になるかも知れません。

第3位は「船橋市」です。

船橋市は、千葉県の北西部に位置し東京湾に面しています。

千葉港があり交通面でもJRや東武などを始めとして各路線が乗り入れをしています。また道路の面でも、東京とのアクセスが非常に良くそういった面で人気がある都市になっているのではないかなと思っています。

また成田空港へのアクセスも便利で、そこからもこの都市が人気になっている理由だと思われます。

以下、「第4位:浦安市」「第5位:松戸市」、「第6位:市川市」となっています。

千葉県の不動産投資についての今後

千葉県の今後については、やはり千葉市は不動の人気を保つのではないかなと思います。

また柏市は様々な取り組みを行っているため、今後さらに人気になる可能性があるのではないかなと思います。船橋市においても、利便性などから今後も一定の人気を誇っていくのではないかなと考えられます。

全体で見ますと地価が下がっている今、非常に不動産投資をする価値がある県なのではないかなと考えられます。

ただ千葉県は地域によってまったく別の側面を持っていますので、投資目的をしっかり持って投資をされることが重要でしょう。

不動産投資の無料相談は【不動産の窓口】まで!



不動産投資

千葉県の不動産投資を分析

ページ上部へ戻る