記事の詳細

銀行融資がポイント

資産家は、お金持ちじゃなくて、借金もち」という名言があります。つまり、この言葉は、お金を借りることがうまい方がどんどん資産を増やすことができるという意味です。

いつまでも投資資金を貯めるために苦戦していては、せっかく目の前にあるチャンスをみすみす見逃してしまいます。不動産投資は収益物件をローンで購入しても、物件の借入者がローンを返済してくれますので、住宅や自動車などをローンで購入するよりも、よっぽど合理的ではないでしょうか。

この記事では、銀行融資を受ける際の種類や銀行の探し方などのノウハウを解説していきたいと思います。

収益物件「不動産投資」は主婦やサラリーマンに最適な投資法

収益物件といえば、マンションやアパート思い浮かべると思いますが、他にも様々な種類があり、ホテルや飲食ビル、テナント、コインランドリーなども収益物件にあたります。そもそも収益物件というものは空間をレンタルして収入を得る事ができる物件のことを言い、借りてくれる人さえいれば安定収入を長期で得ることができ、その後の手間もほとんどかかりません。

貸賃事業は家賃やテナント料を口座引き落としにしておけば集金の手間はかかりません。また面倒な入居者の募集や清掃、管理などは、費用を支払って不動産業者さんに委託することで一切の手間がはぶけ、あなたはほぼ完全になにもしなくても良い状態になってしまいます。そのため手間が少なく安定収入が見込める収益物件は不労所得となり、主婦やサラリーマンに最適な投資法となるのです。

誰でも初めて投資に挑戦する時は、心配事が多く不安でいっぱいです。ですが、銀行融資を受けて不動産投資を開始したとしても、高額な金利を銀行に支払う必要はなく、多少収入の変動があったとしても、なんら生活に影響を与える心配はありません。さらに、収益物件の収入が安定してくると、予想以上の収益があがりますので、会社勤めを辞め、不動産収入をメインとしたリッチな生活をおくることも夢ではありません。

「不動産投資」で融資を受ける銀行を探す基準は何なのか

大手メガバンクなどの金融機関の融資金額の算出方法に、土地と建物を担保評価にして価値を評価する「積算法」と、投資の対象となる不動産などの物件が生み出す収益性から、不動産投資物件の価値を査定して評価する「収益還元法」があります。そして不動産投資では、銀行融資を受ける際に重要なのが「収益還元法」となるため、「収益還元法」で融資してもらえる銀行を探すことがポイントになるのです。

その理由として、現役銀行員の話では、「原価法では評価せず、融資金額に対して何%の利回りになるかを判断して融資金額を決定する」ということから、利回りが高い物件は、100%融資もありえるということです。不動産投資家の中では、収益還元法が最も正しい優れた評価方法であると評価されています。

「不動産投資」の銀行申し込みで有利な条件を引き出す方法!!

不動産投資で銀行融資を申し込む場合、まず初めに自分が取引を行っている銀行に申し込む方が多いと思いますが、中にはローンに消極的な考えの銀行も存在します。

良い物件で良い話であれば、銀行は融資したいと思うことが当然です。ですので、いくつもの銀行をまわり、少しでも有利な条件で融資してくれる銀行を探す必要があります。できるだけ多くの銀行に申し込むことで金融機関側にも競争原理が働きます。さらに、複数の銀行で融資がついた場合は、優位に立って交渉することができるのです。

銀行というものは、すでに他の銀行で決まりかけていた融資を自行で取り込もうとする場合、我然、力を入れて取り組みます。とくに相手がライバル銀行の場合は、平気で金利を下げてきます

成功している不動産投資家は必ずといっていいほど複数の銀行に申し込み、競争原理を働きかけるようにして、有利な融資条件を引き出しています。融資を受ける場合は、必ず複数の銀行に申し込みをかけて、少しでもいい条件を提案してくる銀行を引き出してください。

関連記事

ページ上部へ戻る