記事の詳細

お金を大量に保有しておく必要性?

前節では繰り返し、アセットアロケーションの大事さを何度も繰り返し説明をしました。

不動産投資をしようと思っている方は資金的には、株式やFXの投資家よりも大きな資金を動かせる余裕があるかもしれません。

そのため資金配分のやり方は大事なことになります。

その中で現在は「お金を大量に保有しておく必要性はあまり感じない」理由を説明していきます。

不動産投資をしている方の87%は会社員や公務員!

一回の入力作業で複数の不動産に資料を一括請求が可能!

無駄な手間を掛けずに、民泊ビジネスに適した投資物件を探してみては?

マイナス金利は金利の大幅低下を意味する

このマイナス金利はについて日本銀行は、民間や一般の預金者には適用しないという発言をしています。

しかしあくまでも当面の話であって、その当面の間に日本の景気が浮揚しなかったり、日本の国家財政危機の解消が進まなかった場合には、一般の預金者にもマイナス金利を適用する可能性があります。

これは誰もが考えることだと思います。

しかしこの考え方は一般的な考えであって、本質的な意味は異なってきます。みなさんも為替レートというのはご存じだと思うのですが、たとえばドル円レートの話をすると、ドル円というのはアメリカ経済と日本経済の比較のレートになります。

為替レートの予想が専門家でも当たらないのは簡単な話で、ドル円レートの予測を日本経済の予測として扱っているからです。本来、ドル円レートというのはアメリカ経済と日本経済の比較の数字なので、その比較が如実に数字に表れるのです。

しかしたいていの専門家は、日本の経済の分析にのみ一生懸命で、アメリカの経済の分析には全く関心をもっていないのです。これが予測が外れる根本的な原因です。

何がいいたいかといえば、ドル円レートに代表される通貨レートというのは通貨同志を比較した数字であって、資産の中でどれだけの価値があるのかを意味していないということになります。

つまり、お金の価値というのは結局、資産の中ではどういう価値をもっているのかを専門家も数字では評価ができないということになります。

最近のマイナス金利が導入されたことによって、お金を持っていても意味がないということが誰にでもわかるようになりました。しかし実際には、マイナス金利が導入前からお金には価値がないのです。



お金の価値がない理由

私が知るかぎりですが、専門家が誰も説明をしないのですが、お金の価値はリーマンショックや東日本震災以降、どんどん目減りしていっています。

なぜかといえば、アメリカもヨーロッパも日本も大規模な金融緩和を行いました。この金融緩和を行うことは、お金の発行総数を増やすという意味になるのです。

ポイントになるのは「お金の供給が増えるのに対して、需要がそれに対応して増える」のであればお金の価値は下がりません。しかし実際はどうでしょう?みなさんの感覚で需要が増えているように感じましたでしょうか?

個人的には需要が増えているような実感はないですし、おそらくみなさんも同じだと思います。

金利もつかないお金を大量に保有しているだけなのは損だと考えるのが普通です。なぜなら、お金の発行総数が増えたためお金の価値が下がる上に、所有しても金利も発生をしないからです。

つまりお金をたくさんもっていても保有している期間が長ければ長いほど、その価値はドンドン減っていきます。つまりお金を持てば持つほど損することになるのです。

それよりも、値段が上昇していく株や海外などの通貨取引をしようというのが合理的な投資行動になります。

つまり、リーマン以降ずっと日本国内ではお金の価値は減り続けているのです。相対的に不動産や株の価値は上昇しているのです。

デフレ下ではお金の価値は上昇する?

民主党政権時に東日本大震災があったのですが、そのときがハイパー円高、株価低迷というデフレの時代でした。この根本の問題は、経済が拡大をしていなかったのが諸悪の根源です。

つまりこの時期に、現金を株・FXなどの他のアロケーションに移し変えたとしても、その価値が上昇しないので現金で保有していることがお得だったのです。

しかし、今の日本経済は東日本大震災以降、成長をしています。つまり金利がつかない不動産やゴールドの価値が上昇する素地は出来上がっているのです。

しかし、私たちのような一般投資家がみても上昇しているように見えなかったので人気が出ないのです。

次はなぜ、これから不動産になるのか?というメインテーマをお話をしたいと思います。


関連記事

ページ上部へ戻る