記事の詳細

アパートローンの申し込み

アパートローン

アパートローンの申し込み手続きにはいくつかの情報が必要となります。

なぜなら非常に多くの資金が必要となるため、さまざまな情報から審査をしなければならず、金融機関からは多くの情報を求められることになります。

申し込みの最低条件としては、ローン申し込みの時点で20歳以上を超えているかどうか、そして個人経営であるかどうかなどの条件が必要です。

アパートを新しく建設する場合や、マンション建設、その他購入やリフォームのための資金として活用する予定のある方が申し込むことができます。

申し込みのためには保証人が必要となり、最低でも一人以上の連帯保証が必要となります。

またアパートローン利用中は賃貸について、収入状況に関する資料を金融機関へ提供しなければいけない場合もあります。

アパートローンの用途

アパートローンは、物件の建設や増改築だけでなく、底地買取のための資金としてや、外構工事への資金、そのほか保険料や設計料、解体工事のための費用として使うことも可能です。

そのほか、防音やプライバシー保護などに関する近隣への対策費用としてもアパートローンを利用することができます。

このような条件を満たすことで、アパートローンの申し込みができるようになります。

申込の流れ

融資可能額は金融機関によって違ってくるため、よい条件を探したい場合は複数の銀行に対して審査を申し込むことが必要です。

現在はインターネットから銀行の専用ページへアクセスし、アパートローンを申し込むことも可能です。

必要事項を記入した後で電話での確認が入り、その後に本申し込みということで銀行の担当者と面談を行います。

融資可能かどうかの審査には、数週間の時間が必要となる場合もあるのでアパートやマンション経営のスケジュールには余裕をもって行うことが大切です。

物件の条件

賃貸物件の経営は地域の活性化には重要な意味を持っているため、事業への投資に積極的な金融機関であれば担保の価値以上に融資をしてくれる場合があります。

つまり、それほどアパートローンを申し込むためには事業計画が大切なので、将来的に収益が得られる賃貸となるかどうかしっかり調査しておくことが必要です。

そのほか、ローンを借りる自分自身についても大切であり、ローン支払いが完了するのが何歳になるのかも重要です。

定年退職後に賃貸収入を得たいと考えている方ならば、少し早めのスタートラインを切らなければ、ローンの申し込みそのものが難しくなる場合もあります。

まずは計画的な行動を心がけましょう。

100万円の投資で2億円の資産をつくる!シノケンのアパート経営。

アパート経営

関連記事

ページ上部へ戻る